RSS | ATOM | SEARCH
遠藤周作と芥川龍之介の深い結びつき

こんにちは。

 

昨年秋、遠藤周作の研究者である山根道公先生のお話を聞く機会がありました。

 

山根先生は岡山にあるノートルダム清心女子大学の教授で、時々、広島で講演を行っていらっしゃいます。

 

昨年秋のテーマは「遠藤周作と芥川龍之介」でした。

 

私はこのお話を聞くまで、芥川龍之介が多くの「キリシタン物」と呼ばれる作品を残していることを知りませんでした。

 

芥川のキリシタン物の代表作の一つが『奉教人の死』です。大正時代、キリスト教徒は「奉教人」と呼ばれていたそうです。

 

 

さて、一連のキリシタン物を読み続けていくうちに、遠藤周作が自身の息子の名前に龍之介とつけた理由が分かりました。

 

遠藤周作がなぜ芥川龍之介を尊敬していたのかがよく分かりました。

 

 

それで、芥川龍之介の作品が読みたくなり、子ども向けと言われる『蜘蛛の糸』『杜氏春』、晩年の作品『滑車』「或阿呆の一生』を読み終えました。

 

 

今度は、初期の作品から最晩年の作品まで、主な作品を出版された順番に読んでいきたいと思うようになりました。

 

 

ところで、芥川龍之介というと「芥川賞」です。

 

1927年に芥川が亡くなった後、友人であった菊池寛が創設しました。

 

文学者としての菊池寛には今のところ、特に興味がないのですが、文芸春秋社を立ち上げ、「芥川賞」「直木賞」を立ち上げた菊池寛にはとても関心があります。すごい人物です。

 

また、芥川龍之介にとって、夏目漱石が特別な存在だったこともよく分かりました。

 

 

私は夏目漱石と遠藤周作が日本の近代・現代文学の二大巨人だと思っています。

 

ぐるっと回って、夏目漱石と遠藤周作が芥川龍之介で繋がっているのですね。

 

 

author:eiko, category:本の紹介, 05:24
comments(0), trackbacks(0), -
何度聞いても意味不明の歌詞2つ

こんにちは。

 

12月後半から、NHK朝ドラ『まんぷく』を見ています。

 

それで、主題歌も毎回、耳にするのですが、意味がどうしてもわからないところがあります。

 

ドリカムの歌う「あなたとトゥラッタッタ」の数か所が呪文のようです。

 

10回くらい、何とか聞き取ろうと思ったのですが、どうしても分からないので、歌詞を確認しました。

 

そうだったのかあ。

 

なぜ、聞きとれないか?

 

まず、_擦聞きとれない。 

 

そして、△海海砲修良集修来るのか?という意外な内容である。

 

 

 

さて、何度聞いても分からないという歌がもう1つあります。

 

それは『ブラタモリ』の主題歌です。

 

こちらは井上陽水の「女神」です。

 

こちらも、一部、分からないところがあります。

 

というか、こちらは他の意味に聞こえてしまうところがあります。

 

私の耳には別の意味に聞こえます。

 

こちらが聞き取れない理由は、音が聞きとれないからです。

 

 

どちらも素敵な詩と曲なので、意味が分かるとさらに好きになりました。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:-, 11:00
comments(0), trackbacks(0), -
英検1級1次合格の鍵はライティング

こんにちは。

 

昨年秋と今年はじめに開催された英検試験の1級を受験して、1次に合格した数人の方の声をきく機会がありました。

 

そこで、皆さんが言っていたのが、「ライティングの重要性」です。

 

 

英検1級1次試験はまず、難易度の高い単語のテストがあります。

 

その後、英文の長文読解を素早く行い、ライティングを短い時間で書くテストが続きます。そして、最後にリスニング。

 

 

このどの部分でもかなりの単語力が必要なので、単語力は「mikan」アプリを活用するなど、日々、努力が必要です。

 

リーディングとリスニングは「サイトラ」を身につけた後の「区切り読み」、「シャドーイング」「リプロ」のスキルがあると、素早く正解することができると思います。

 

 

 

数年前まで、受験者の関心は「単語」。そして、「リーディング」「リスニング」だったのですが、ここ数年、合否に大きく影響してきたのが、「ライティング」です。

 

与えられているトピックを論理的に英語で展開できるかが問われます。20分程度でこの作業ができる必要があります。

 

2019年1月に行われた際のトピックは「大量破壊兵器の禁止は可能か?」というものでした。

 

 

日本人は自分の意見を限られた時間に述べるという訓練をほとんど行ってきていません。ここは英語圏の人と違う点だと思います。

 

これができるようになるには、やはりトレーニングが必要だと思います。

 

このブログでスピーキングとライティングを伸ばすための方法を書いたところがあるので、参考にしてください。

 

 

そして、1次を合格すると2次試験はスピーキングです。与えられたトピックスに対して、2分間で論理的に話をすることを求められています。

 

私は英検1次のライティングと2次のスピーキングは同じトレーニング方法が使えると思っています。

 

 

また、全国通訳案内士試験の2次対策にも使えます。

 

 

ぜひ、ライティングを苦手としている人は、一度、効果的なトレーニング方法を知り、それに沿ってトレーニングしてほしいと思います。

 

道はあります。

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 12:28
comments(0), trackbacks(0), -
サラノキから新芽が出てきました

こんにちは。

 

家を出てから、バスに乗るまで、毎年、いくつかの花や木に出合います。

 

まずは、春を告げるロウバイ。

 

少し歩くと、真冬に咲く皇帝ダリア。

 

バス停前の空間には、春になると目に鮮やかな黄色のキンシバイ。

 

初夏になると真っ白な花を咲かせるサラノキ。

 

 

 

サラノキは、アオギリと同じで、季節ごとの姿が大きく違います。

 

それで、季節を感じる花です。

 

 

秋になると葉を落として、冬には、枝が棒状になります。

 

2月に入ると、新芽を出します。

 

それが、あれよあれよという間に、葉っぱが成長し、初夏には可憐な白い花を咲かせます。

 

ナツツバキとも呼ばれるように、椿の花です。

 

 

生命力を感じるサラノキの新芽です。

 

 

author:eiko, category:花や木, 08:36
comments(0), trackbacks(0), -
メール送信の不具合を遠隔操作で解消

こんにちは。

 

2019年秋、日本各地のスタジアムでラグビーの試合が開催されます。

 

Rugby World Cup 2019です。

 

昨年末に、知り合いのオーストラリア人から、この期間中のガイドの依頼を受けました。

 

今日、具体的なスケジュールをメールしてくれたので、それの回答をメールしました。

 

すると、いつまでたっても送信できません。

 

エラーメッセージに「送信サーバがありません」と出てきたので、自分で設定を変更しました。

 

すると、送信も受信もできなくなりました。

 

大変な事態です。

 

 

インターネットは AUを利用しているので、そこに電話したところ、「安心サポート」を試すことを勧められました。

 

はじめは、電話で対応してもらっていたのですが、不具合が解消しないので、「安心サポート」を利用することにしました。

 

今回の利用は無料です。4月から1ヶ月500円。

 

このサービスを使うと、遠隔操作で私のパソコンを操作できます。KDDIのオフィスのオペレーターに私のパソコン画面が見れるのです。驚きです。

 

それで、オペレーターが私のパソコン画面を見ながら操作して、私がエラーメッセージ後に設定した pop サーバと SMTP サーバにドットが2つ入っていることを発見。それで、不具合が解消されました。

 

 

こんなサービスが使えるとは本当に驚きました。魔法のようです。こういう時代なのですね。

 

安心なので、4月以降も利用することにしました。

 

 

 

 

author:eiko, category:通訳ガイド・通訳, 05:38
comments(0), trackbacks(0), -
面白くて、美味しいチョコ

こんにちは。

 

今日はバレンタインデーですね。

 

先日、おしゃれな友人から面白くて、、美味しいチョコレートを紹介してもらいました。

 

 

このパッケージに入っています。オレンジの大きさです。

 

 

紙のパッケージを開けると、オレンジの形をしたものが出てきます。このアルミホイルの中にチョコレートが入っています。

 

このチョコレートの面白いところは、このボール状の塊を小さくするために、机などにこの塊をぶつけることです。

 

そうすると、オレンジの房のようにチョコレートが分かれます。

 

 

面白いでしょ。

 

 

そして、このチョコレートはアイディアが楽しいだけでなく、とてもおいしいんです。

 

ほのかにオレンジの味もします。

 

 

広島市内の地下街「シャレオ」というところに、外国産の食料品が充実している「ジュピター」というお店があります。

 

そこで購入しました。1つ500円ちょっとでした。

 

 

 

ちなみに「ジュピター」では、ずっと探していた「ビーツ」の缶詰も販売していました。

 

ボルシチを作るのにビーツがいるんです。

 

お好み焼きに添えたら美味しい「ハラペーニョ」という青とおがらしの瓶詰も「ジュピター」にはありました。

 

助かります。

 

author:eiko, category:-, 14:37
comments(0), trackbacks(0), -
2月中旬のアオギリの姿です

こんにちは。

 

今日、広島は春の日差しです。

 

さて、2月10日に平和公園に行った際、最新の「あおぎり」の姿を撮影してきたので、お見せしますね。

 

 

ご覧のように、葉を全て落として、棒のような状態です。

 

4月の中旬まで、こんな感じ。

 

それが、4月後半になると、枝の先がぷっくりと膨らみ、あれよあれよという間に葉が茂ってきます。

 

「あおぎり」は数ある樹木の中で、最も四季の変化を感じることのできる木であり、生命力の象徴だと思っています。

 

皆さんも平和公園に行くことがあれば、この木に注目してくださいね。資料館内の「あおぎり」という名前のコーヒーショップのすぐ近くに3本の「あおぎり」が育っています。

 

 

2本は1.3キロの地点から1973年に移植された被爆樹木。

 

そして、緑色の若木はその木の種から生まれた「あおぎり2世」です。

 

author:eiko, category:花や木, 12:16
comments(0), trackbacks(0), -
里中満智子さんは現代の持統天皇です

こんにちは。

 

年末年始は家でのんびりして、本を読むのを楽しみにしています。

 

今年は古代史に関心があり、梅原猛さんの書籍を中心に読んでいます。

 

その過程で、知った本がこちら『古代史から読み解く日本の形』(祥伝社新書)

 

著者は日本古代政治史の専門家のである倉本一宏さんと里中満智子さんです。

 

 

4世紀から8世紀の日本の古代史がとてもよく分かるまれにみる良書でした。

 

倉本さんが書いている「あとがき」を読むと、お二人の関係や、なぜこの本が生まれたのかが分かります。

 

1958年生まれで現在、国際日本文化研修センター教授の倉本一さんは長年、里中満智子さん(1948年生まれ)のファンだったそうです。

 

里中さんは、倉本さんをはじめとして、歴史家が一次史料を解読して著した本を読み続け、自身で古代史の姿を長年探ってきている方です。

 

その集大成が『天上の虹』(講談社文庫 全23巻)。このマンガの主人公は持統天皇です。

 

里中さんは持統天皇を通して、古代の日本を描いています。

 

 

倉本さんは里中さんのファンであるだけでなく、持統天皇こそが天智天皇と並ぶ古代日本のクリエーターであるという立場の歴史家です。二人の話しのあうこと。

 

お二人が行った対談をそのまま記すのではなく、より深めた形でまとめて書かれています。このスタイルがとても効果的です。

 

図書館から借りて読んだのですが、あまりに良い本なので、永久保存版にしようと思って、その後、購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:映画・TV・CDの紹介, 05:39
comments(0), trackbacks(0), -
2月10日の An Evening of Kagura はヤマタノオロチでした

こんにちは。

 

2月10日、広島県民文化センターで行われた「An Evening of Kagura」を見に行きました。

 

広島県が主催している外国人向けの企画であり、夕方の6時から7時までの1時間の神楽の公演です。

 

40分程度、神楽が上演されて、その後にQ&Aセッションが20分くらい。最後に、希望者はステージに上がって、衣装を着ることが出来ます。

 

 

このイベントは、2017年度は年に4回の開催でしたが、2018年度は年に40回開催されています。

 

3月31日に終了する2018年度は、あと2月16日(土)と3月30日(土)に開催されます。

 

外国人の友人・知人を誘って、参加すると楽しいですよ。

 

 

ヤマタノオロチはやはり迫力があります。

 

後ろに座っていた、子どもたちが途中から最前列に陣取って、拍手喝采していました。

 

Q&A でも、子どもたちが手をあげて、たくさんの質問をしていました。楽しかったんですね。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:27
comments(0), trackbacks(0), -
「ABC体操」のイベントを行いました

こんにちは。

 

今日は、暖かいですね。日差しが春です。

 

さて、昨日の2月9日、広島市の草津公民館で「楽しく踊って英語を学ぼう ABC体操」というイベントが開催され、講師を担当しました。

 

私は、ずっと、発音記号の音の違いを体を使って覚えることを伝えたいと思っていました。

 

それで、草津公民館で開催してくださって、とても嬉しく思っています。

 

 

2月9日に参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

 

 

アルファベット26文字の全てに動作をつけ、それを一緒に行ったのですが、目的はこの26を覚えることではありません。それは、一気には無理ですからね。

 

今回の目的は「 hat  hot  hut の母音の違いを理解すること」「 link rink の子音の違いを理解すること」でした。

 

この2つを、参加してくれた小学生・幼稚園児の皆さんもある程度感覚としてつかんでくれたようです。

 

 

良いスタートとなりました。

 

これからもいろんな場所で「ABC体操」を行っていきたいと思っています。

author:eiko, category:英語スキル, 09:03
comments(0), trackbacks(0), -