RSS | ATOM | SEARCH
私立中入試に出題された英語の問題に驚く

こんにちは。

 

先週末、東京に行くようがありました。

 

それで、ホテルで朝日新聞が配られていたので、朝食の時に読んでいて、ある記事が目につきました。

 

1面に「私立中入試に英語 急増」「今年の首都・近畿圏 4年前の7倍」とありました。

 

この記事によると、「英語の入試を導入する私立中学が急増し、今年は首都圏と近畿圏の約3割に当たる137校で行われる(実施済み含む)ことが分かった。4年前に比べると、約7倍の増加。2020年度から小学校で英語が正式な教科になり、大学入試の英語も変化する中、受験生や保護者に英語教育充実をアピールする狙いがありそうだ」という状況なのだそうです。

 

現在、公立小学校の現在の英語の授業は、歌やゲームを交えて英語に親しむ「外国語活動」という位置づけです。

 

公立の小学校で教育を受けた小学生は一部とはいえ私立中入試で、極めて不利になるのが残念です。

 

 

35面には、ある中学校が昨年の英語入試で出題した選択式の文法問題が掲載されていました。

 

4問掲載されていたのですが、その中の1つがこの問題です。

 

Could you give me (          )?

(ア)some advices   (ィ)an advice   (ウ)some advice    (エ)any advices

 

 

難易度が高くてびっくり。

 

可算名詞(数えられる名詞)と不可算名詞(数えられない名詞)の違いを問う問題です。

 

渋すぎませんか。

 

ただただ驚きました。

author:eiko, category:-, 05:16
comments(0), trackbacks(0), -
香川県は松の盆栽で有名です

こんにちは。

 

先日、高松を訪れました。

 

この日は夜遅く訪れたので、大好きなお好み焼屋さんの「多美也」に行けなかったのは残念です。

 

ここでお好み焼きを食べると、「高松に来たー」という思いがします。何とも言えない雰囲気の名店です。

 

 

 

あるホテルのロビーにそれは立派な松の盆栽が置いてありました。

 

気品があります。

 

高松市には鬼無(きなし)という地区があり、ここに多くの盆栽店があります。

 

高松が松の盆栽の日本一の産地なのだそうです。

 

松というと高松。

 

栗林公園も何と言っても松が美しいですよね。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:01
comments(0), trackbacks(0), -
1月20日のセミナーを開催しました

こんにちは。

 

このところ、広島は暖かい日が続いています。

 

さて、1月20日(土)のセミナーに参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

 

 

この日は2回のセミナーを開催しました。

 

14:00−15:30の第1回目は「重要な英語スキルの獲得」がテーマでした。

 

重要な英語スキル10を説明して、サイトラとリプロを中心にトレーニングを行いました。

 

この2つのスキルとシャドーイングの3つの英語スキルが身につくと、英語力の基盤となると思っています。

 

 

 

16:30から18:00の第2回目のセミナーのテーマは「英日通訳 あいさつ文」でした。

 

まず、「数字の聞き取り」をウオームアップとして行い、その後、数字がたくさん出てくる英文を日本語に訳出するトレーニングを行いました。

 

そして、今日のメインテーマである「あいさつ文」の訳出のトレーニングを行いました。

 

2015年夏に広島を訪れた団体のあいさつ文を使用して、英語でのあいさつによく使われる表現、広島に縁のある人、地名を日本語にする訓練を行いました。

 

 

参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

 

2月は3日(土)の午後と夕方の2回、セミナーを開催する予定です。

 

また、TOEICセミナーは2月13日(火)の夜に開催します。

 

 

また、「トモコーポレーション」のメルマガとサイトで詳細を告知しますね。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:51
comments(0), trackbacks(0), -
鳥取城址近くの像は「吉川経家公」でした

こんにちは。

 

私はいろいろな土地を訪ねて、そこに建つ像を見るのが好き。

 

その土地の人が大切にしている価値観を体現していることが多いからです。

 

 

鳥取城址を訪ねた時、すぐ近くに立派な像が建っているのが目につきました。

 

鳥取藩の藩主で有名な池田光仲公(いけだみつなか)か、はたまた池田光政公(いけだみつまさ)かと思っていたら、吉川経家公(きっかわつねいえ)でした。

 

1581年の秀吉による鳥取城攻めの際、城内を守ったのが経家公でした。

 

4か月のろう城の後に自刃。その死によって、城内に残る人々の命を救ったとして鳥取県で尊敬を集めているのです。

 

 

しんみりとしました。

 

 

それで、華やかな「麒麟獅子舞」(きりんじしまい)も紹介しますね。

 

鳥取市内の名所を巡る巡回バスの名前は「ループ麒麟バス」と言います。

 

この由来となっているのは、この「麒麟獅子舞」です。

 

この写真は私が宿泊したホテルのロビーに展示してあった獅子舞の頭です。

 

説明板には「鳥取藩主の池田光仲公がもたらした」と書いてありました。

 

鳥取県では、鳥取藩主として池田光仲公の名前がよく聞かれます。

 

池田光仲公と、後の岡山藩主として知られる池田光政公の関係はとても興味深いです。

 

江戸のはじめはまだ戦国時代を引きずっていたんだなあとしみじみします。

 

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:35
comments(0), trackbacks(0), -
英語力強化のポイントは3つの「S」

こんにちは。

 

いつも、どうやったら英語力が伸びるのかを考えています。

 

趣味ですね。

 

 

それで、2018年1月現在、「これだ」と思っているのが、3つの「S」です。

 

1 Sound       音声

 

2 Skill        サイトラ・シャドーイング・リプロなどのスキル

 

3 Self-motivation   自発性

 

 

この3つです。

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:23
comments(0), trackbacks(0), -
全豪オープンテニスが始まりました

こんにちは。

 

1月15日からオーストラリアのメルボルンで全豪オープンテニスが始まりました。

 

1月28日の男子シングルス決勝まで、各試合が楽しみです。

 

16日にはノバク・ジョコビッチ選手が登場。

 

ケガのため、現在のランキングは12位なのだそうですが、やはり王者の風格ですね。

 

私はジョコビッチ選手というと思いだすのは「グルテンフリー」。

 

『ジョコビッチの生まれ変わる食事』が2015年に出版され、「グルテンフリー」ということばが一気に知られたように思います。

 

影響力がすごい。

 

 

ランキング41位の杉田祐一選手はランキング9位の選手を1回戦で破りました。

 

拍手。

 

 

日清製粉のカップラーメンの新しいテレビコマーシャルに錦織圭選手(現在ランキングは24位)が出演し、「hungry」を強調しています。

 

残念ながら、全豪オープンテニスには欠場すると1月4日に発表されましたが、ケガからは回復しているのでしょうか。

 

 

大変な世界です。

 

 

女子では大坂なおみ選手がチャーミング。

 

プレイを見ているだけで楽しい。コメントがまた楽しい。

 

素敵。

 

 

author:eiko, category:-, 05:56
comments(0), trackbacks(0), -
1月17日に神戸を思う

こんにちは。

 

1月17日というと、1995年1月17日を思い出します。

 

早朝の異様な揺れに驚き、すぐにテレビをつけました。その日はずっとテレビ画面を見続けました。

 

忘れられない1日です。

 

 

昨年12月に神戸のオリエンタルホテルを訪れました。とても気持ちの良いホテルだと思いました。

 

そして、そのホテルは阪神淡路大震災で大きなダメージを受けた後、再建されたことを知りました。

 

オリエンタルホテルのサイトで「歴史」を見ると、こう書いてありました。

 

「阪神淡路大震災を経験し、歴史に一度ピリオドを打ちますが、2010年にその名に宿る精神を受け継ぎ、新時代をスタートしました」

 

まだまだ困難は続いていると思いますが、神戸の復興を嬉しく思いました。

 

神戸の湊川神社です。

 

 

 

 

 

 

 

  

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:05
comments(0), trackbacks(0), -
「ふるさと納税」は謎が多い

こんにちは。

 

昨年末に申し込んだ米子市の「ふるさと納税」の返礼品が届きました。大山ハムです。

 

大山ハムは大山町にあるのかと思っていましたが、大山ハムは1954年に米子市で創業されたのだそうです。

 

これまで5つくらいの市町に「ふるさと納税」を行いましたが、米子市は特別な感じを受けました。返礼品に同封されている文書や他の特典などから、米子市のやる気がひしひしと伝わってきます。

 

 

「ふるさと納税」については謎ばかりです。

 

それで、仕組みのことを知りたくて、2016年度から「ふるさと納税」を行うことにしました。

 

2017年度も「ふるさと納税」を行いました。

 

それで、2年間行って、ようやく全体像が見えてきたところです。

 

市町村によって「ふるさと納税」への取り組みが大きく違うことも分かりました。

 

「ふるさと納税」のサイトである「ふるさとチョイス」を見ると、各地町村の「ふるさと納税」額の推移が分かります。

 

 

そして、県により、「ふるさと納税」への温度差があることも分かりました。

 

積極的な県とそうでない県にはっきりと分かれています。

 

 

謎がまだまだたくさんあるので、引き続き「ふるさと納税」は要チェックです。

 

 

author:eiko, category:-, 10:56
comments(0), trackbacks(0), -
「薬研堀 八昌」はお好み焼きの名店

こんにちは。

 

数日前、広島の薬研堀(やげんぼり)にある広島風お好み焼きの名店「八昌」(はっしょう)を訪れました。

 

「薬研堀 八昌」というと、お好み焼きを特集した番組や雑誌に取り上げられるので、観光客にも地元の人にもとてもよく知られているお店です。

 

ただ、夕方の4時からの開店であり、いつも行列ができているという噂なので、私は行ったことがありませんでした。

 

 

でも、この秋からとても行ってみたくなりました。

 

その理由は、ピーター・バラカンさんの「Japanology Plus」でフェルナンデス・ロぺズさんへのインタビューが放送された時、「そうだったのかあ」と思ったことがあったからです。

 

「Japanology Plus」は通常は「茶の湯」「アニメ」など日本の文化や事象を取り上げている30分番組ですが、年に数回、日本で活躍中の外国人へのインタビューを放送します。

 

そこに、昨年の11月、広島市でお好み焼きの人気店「ロぺズ」を経営しているフェルナンド・ロぺズさんが登場しました。

 

彼にお好み焼きの作り方、店の経営の仕方を教えた師匠として小川弘喜さんが紹介されました。

 

小川さんというとあまりメディアに登場されませんが、広島お好み焼きの店主としてとても尊敬されている方です。今は、「幟町 八昌」というお昼だけ開店しているお店でお好み焼きを焼いていらっしゃいます。

 

その小川さんが長く実際に働いていらっしゃったのが「薬研堀 八昌」。ここで多くの弟子が育ち、自分の店を持つまで、いろいろなことを小川さんから学んでいたそうです。その一人がロぺズさんです。

 

「Japanology plus」での小川さんの表情と発言に魅了されました。

 

それで、ぜひ一度小川さんのお店を訪ねたいと思ったわけです。

 

 

とてもきりっとした接客で、素敵だなあと思いました。

 

今度は、「幟町 八昌」「ロぺズ」を訪れようと思います。

 

小川さんとそのお弟子さんが経営するお好み焼きのお店は青いのれんに「八昌」の文字があるそうです。

私が6時前に訪ねた時はそうでもありませんでしたが、7時過ぎにお店を出る時にはズラリと行列ができていました。

 

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 07:11
comments(0), trackbacks(0), -
鳥取砂丘の成り立ちが分かる鳥取県立博物館

こんにちは。

 

この冬は何度か鳥取県に行くことがあり、嬉しいです。

 

鳥取県は歴史的にも文化的にもとても興味深い場所です。

 

控え目で、まじめな鳥取県の人の気質も好き。

 

それにカニが美味しいし。鳥取県は「蟹取県」だというキャンペーンも行っています。

 

 

それで、もっと鳥取県のことが知りたくなったので、鳥取県立博物館を訪ねました。

 

鳥取駅から歩いて30分くらいのところに、久松山があり、ここに鳥取城址が残っています。

 

見事な桜並木がある入り口付近

 

 

 

そして、ここに鳥取県立博物館があります。

 

 

江戸時代、鳥取県を治めた池田藩に興味があり、県立博物館を訪ねたのですが、こちらのメインの展示は、歴史ではなくて、自然科学でした。

 

それで、鳥取県の動植物や土地の成り立ちなどの展示が充実していました。

 

中でも約10分間の映像で、鳥取砂丘の成り立ちを紹介してくれていたのが、ありがたかったです。

 

鳥取砂丘の地層には火山灰が多く含まれているそうですが、その火山が近くの大山だけでなく、阿蘇山や現在の鹿児島県の火山の噴火がもたらしたものという記述に驚きました。

 

分かりやすい内容でした。

 

 

同じ敷地内に、1907年に建築された仁風閣(じんぷうかく)があります。現在は国の重要文化財になっています。

 

こちらは大正天皇が皇太子だった時に、山陰地方を訪問されたのですが、その時の宿泊施設として建築された建物です。

 

松江城内にも、栗林公園内にも、松山城近くにも美しい洋館があります。

 

明治時代に建てられたに洋館はとても趣があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 06:56
comments(0), trackbacks(0), -