RSS | ATOM | SEARCH
9月23日・24日に通訳ガイド研修に参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

こんにちは。

 

朝夕の風が冷たくなって、秋を感じますね。

 

毎年、この時期に依頼を頂いている通訳案内士の方向けの研修を今年も担当しました。

 

23日は岡山の後楽園から始まって、バスで移動して、平和公園の研修。

 

24日は広島駅から始まって、宮島、倉敷の研修です。

 

東京をはじめ各地から多くの通訳案内士の方が参加してくださいました。

 

 

私からお話しするだけではなく、バスの中で意見交換が活発にできて充実した時間となりました。

 

参加者の皆さんの熱意に感謝しています。

 

 

 

平和公園にある「平和の像 若葉」という湯川秀樹博士の歌碑です。

 

世界的物理学者の湯川博士は1934年に中間子理論を発表。その後、その理論が他の科学者の発見により証明され、1949年にノーベル物理学賞を受賞しました。1948年のアメリカ滞在時にはアインシュタインとも深い交流を持ったそうです。

 

この歌碑には「まがつびよ ふたたびここに くるなかれ 平和をいのる 人のみぞここは」(湯川秀樹)とあります。

 

平和文化センターのサイトにこの歌碑の説明があります。それによると、「まがつびとは禍つ日の神の略で、災害・凶事を起こす神。イザナギノミコトがお祓いの時、汚垢から化成した神」とあります。

湯川博士は、戦後、科学者の責任について自省的な発言と行動を行った方です。平和公園では、「原爆の子の像」に折り鶴の形をした鐘も寄贈しています。

 

湯川秀樹博士の人生について学びたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:通訳ガイド・通訳, 05:37
comments(0), trackbacks(0), -
長野土産は八幡屋磯五郎の七味唐がらし

こんにちは。

 

長野駅の柱にとても目を引くグラフィックがありました。

 

 

 

 

長野名物のあの唐がらしです。

 

小ぶりのブリキの容器の中に、七味唐がらしが入っています。1つ400円です。

 

「八幡屋磯五郎」(やわたやいそごろう)が販売しています。

 

善光寺名物で江戸時代から売られているそうです。

 

長野を訪れたなら、ぜひ。

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:38
comments(0), trackbacks(0), -
「男鹿半島」と「牡鹿半島」

こんにちは。

 

18日の朝、台風18号が東北・北海道で猛威をふるっていた頃、NHKのニュース番組「おはよう日本」でこんなシーンがありました。

 

60代くらいの信頼のおけそうな気象予報士が、今後の台風の予想を行っていました。

 

何気なく聞いていたのですが、そのすぐ後に「訂正とお詫び」をアナウンサーが行いました。

 

「さきほど、おしか半島と発言がありましたが、おが半島の間違いでした」(こんな感じでした)

 

私は「気象予報士が地名を呼び間違えるのは、プロとして残念だなあ」と思いました。

 

すると、また5分くらいして、アナウンサーから「訂正とお詫び」がありました。

 

「さきほど、おが半島と訂正しましたが、正しくは、おしか半島でした」

 

 

想像するに、気象予報士の発言を聞いて、間違いと思った番組ディレクターか誰かが修正の指示を出した。それを気象予報士が指摘して、訂正の訂正(もとにもどる)になった。

 

気象予報士は現在、戦国時代の状況のようです。

 

中には、見るからにちゃらちゃらした気象予報士が番組に出演しています。また、中には、本格派の気象予報士が出演してる番組もあります。今回の気象予報士は後者の様子だったので、読み間違いは残念だなあと思ったのでした。

 

でも、彼は正しかった。やはりプロでした。

 

 

さて、「おしか半島」と「おが半島」です。

 

「おしか半島」は「牡鹿半島」と書きます。こちらは宮城県にある半島です。

 

「おが半島」は「男鹿半島」と書きます。こちらは秋田県にあります。

 

紛らわしいですね。

 

 

もう1つの紛らわしい例を紹介しますね。

 

「大雪山」をどう読むかです。

 

外国のお客さんから半年くらい前、こんな質問を受けました。

 

「たいせつざんホテル」と「だいせつざんホテル」がある。違うホテルらしい。Daisetsuzan と Taisetsuzan はどう違うのか?

 

私は「大雪山」は「だいせつざん」と読むのだと思っていたのですが、調べてみました。

 

すると、北海道の人は同じ場所を「たいせつざん」と呼ぶことが多いと知りました。

 

この2つが混在している理由が分かりました。

 

国土地理院はこの場所を「たいせつざん」と呼称し、環境省は「だいせつざん」と呼称しているんですね。

 

それで、地図上では「たいせつざん」。国立公園は「だいせつざんこくりつこうえん」なんです。

 

紛らわしいです。

 

author:eiko, category:-, 05:12
comments(0), trackbacks(0), -
秋の味覚というとやっぱり栗

こんにちは。

 

秋の味覚にはナシやブドウなど美味しい果物、それにキノコがありますね。

 

それに加えて、やっぱりぜひ味わいたいのはクリです。

 

秋の王者の風格があります。

 

 

この写真のクリは安芸高田市の裏山から採れたクリの一部です。

 

どっさりと収穫しました。

 

クリはウリボウ(イノシシの子どものこと)も好きなので、ウリボウと競争してクリを拾う必要があります。

 

 

クリご飯にしても良いし、そのまま塩ゆでも最高ですね。

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:33
comments(0), trackbacks(0), -
長野の渋温泉は源泉かけ流しの「九湯めぐり」が楽しめます

こんにちは。

 

長野情報の続きです。

 

私は長野県と長野県人が大好き。

 

今回、長野に行く必要があり、とても嬉しかったです。

 

今回の旅行では、長野市、渋温泉、小布施、上田城を訪ねました。

 

今日は渋温泉を紹介します。

 

 

長野駅から渋温泉までは長野電鉄を利用します。

 

「地獄谷野猿公苑」を訪ねたかったので、近くの「渋温泉」(しぶおんせん)に泊りました。1300年の歴史があるそうです。

 

長野電鉄の終電である「湯田中温泉」からバスで10分くらいのところにあります。

 

 

渋温泉は本格的な温泉の湧き出ているところです。

 

温泉街には9つの外湯があり「九湯めぐり」が楽しめます。どこも、源泉かけ流しです。

 

加水も過熱もしていません。

 

ちょっと熱めの44度くらい(たぶん)のところもあれば、48度くらい(たぶん)のところもあります。

 

管理者は加水をしないので、お風呂に入った人が熱いと思った場合は、水を入れ、温度を低くして入いる仕組みです。

 

9つの外湯のうち、夜と朝に5つの外湯を利用しました。

 

そのうち、「三番湯 綿の湯」はちょっと熱めですが、水を加えなくても十分入れる温度でした。6人くらいでいっぱいになる小さな湯船です。気持ち良かったです。

 

下の写真の「二番湯 笹の湯」は行った時に、他の人が水を足していてくれたのですが、それでもかなり温度が熱く、じんじんする感じでした。

 

翌朝入った「一番湯 初湯」は誰も水を加えていなかったので、猛烈な熱さでした。気持ち良くは入れるにはかなりの時間がかかると思われたので、こちらは諦めました。

 

それで、最後は一番気にいった「三番湯 綿の湯」にもう一度つかりました。

 

久しぶりに本格的な温泉体験をしました。

 

 

泊まった宿のすぐ近くの「二番湯 笹の湯」。宿から9つの外湯が利用できる鍵を預かって、入ります。

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:30
comments(0), trackbacks(0), -
「地獄谷野猿公苑 50年のあゆみ」に答えがある

こんにちは。

 

昨日に続いて、Snow Monkey を紹介します。

 

Snow Monkey として海外でもよく知られているサルは長野県の「地獄谷野猿公苑」で見ることができます。

 

ここを訪れた人の話しからも、そのインターネットのサイトからも、他のサルのいる観光地とは違うのでは、という印象を持っていました。

 

そして、訪れて見て、やはりそうなんだと思いました。

 

公苑内で販売されている「地獄谷野猿公苑 50年のあゆみ」を読むと、ここが「サルと人間の共生をめざして」50年間の試行錯誤を重ねてきた誠実な場所であることがはっきりと分かりました。

 

 

サルには「食べ物を見せない、与えない」。

 

 

「地獄谷野猿公苑 50年のあゆみ」の中で、1967年から2007年まで40年間にわたり苑長を務めた常田英士さんがこう語っています。

 

「入苑者が直接エサをサルに与えることを禁止したり、与えるエサをリンゴ・大豆・大麦の3種類に限定して、えさ場で撒くエサの他は山の食物を食べて生活するように、また、えさ場では個々のサルが平均してエサが食べれるように、一時に広くエサを巻くようにしました」

 

 

さて、この地獄谷野猿公苑は長野電鉄の社員であった原荘悟さんの思いから始まっています。

 

1950年代、志賀高原がスキー場として開発されるにつれ、生息地を追われた野生のサルが麓の村の農作物に被害を与えるケースが出てきました。

 

原さんは、観光資源としてのサルの活用と、農作物被害の未然防止の両方が図れる「サルと人間の共生」をめざして、1962年に野生のサルの餌づけに成功しました。

 

原さんが長野電鉄に企画書を提出し、行動し、地獄谷野猿公苑が誕生したのです。

 

 

この誠実な人々の努力が実を結び、今日、Snow Monkey として世界の人々に認識されるようになったのは本当に素敵です。

 

 

遠藤周作の作品に『彼の生き方』という小説があります。

 

野生のサルの保護をめざしていた若者が、勤務する企業の商業主義に絶望し、サルとともに森に姿を消していくという切ない物語です。

 

「サルと人間の共生」は簡単ではない。

 

それを何とか実現している「地獄谷野猿公苑」に大きな拍手を贈りたいです。

 

 

「地獄谷野猿公苑 50年のあゆみ」を読むと、なぜサル用の温泉があるのか、どうして世界中に名前が知れ渡ったのかなどの答えが全てあります。

 

 

 

 

お母さんたちと一緒の赤ちゃんサルが甘えています。

 

赤ちゃんサルがお母さんの背に乗っています。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:34
comments(0), trackbacks(0), -
外国人に大人気の Snow Monkey

こんにちは。

 

9月18日、広島東洋カープが2年連続でリーグ制覇をしました。

 

カープ関係者の皆さん、カープファンの皆さん、広島県人の皆さん。

 

おめでとうございます。

 

 

 

 

先週、長野に行く用事があったので、ついでに「地獄谷野猿公苑」(じごくだにやえんこうえん)を訪れました。

 

地獄谷野猿公苑というと、Snow Monkeyです。

 

雪の中、温泉に入っているサルの写真を見たことがありますか? それが、地獄谷の Snow Monkeyです。

 

日本を訪れる外国人に大人気。

 

 

地獄谷野猿公苑があるのは、長野県の県北。

 

長野駅から長野電鉄の特急で約45のところに湯田中温泉駅があります。

 

特急列車の名前は Snow Monkeyです。

 

 

その湯田中温泉駅から車で20分くらいのところに地獄谷野猿公苑があります。

 

一番近い駐車場から歩いて約15分。バスを利用の場合は、上林温泉バス停から30分歩きます。

 

途中、温泉が自噴していました。「地獄谷」は、この地域の温泉の源泉なのです。

 

 

私と友人が「地獄谷野猿公苑」に着いたのは、朝9時前。近くの「渋温泉」(しぶおんせん)に一泊して、翌朝、訪ねました。

 

入り口で、係員の方から「まだ、今朝はサルがこちらに来ていない。今年は4日ほど、全くサルが下りてこなかった日がある」と聞きました。

 

こちらの都合に合わせてはくれませんよね。

 

9時から2時間は待ってみようと思いました。

 

下の写真は、冬にサルが入っている温泉です。しかし、むなしく、源泉かけ流しの温泉が流れているばかりです。

 

 

すると、1時間後に、サルが山を下りてきました。それは壮観です。100頭はいるのではないでしょうか。

 

 

こちらの係員の人が、この箱からリンゴ・大豆・大麦をまきます。すると、サルがわらわらと近づいてきます。

 

でも、サルたちは他の人には目もくれません。

 

すぐそばで遊び、毛づくろいをし、ケンカをしたり、ぼーとしていたりしています。

 

この「地獄谷野猿公苑」は他のサルのいる観光地とは全く違っていました。

 

感動。

 

その理由は、明日のブログで。

 

 

私がいたところで、ずっとお母さんと遊んでいた赤ちゃんサルです。

 

このサルは私の隣でずーとぼーとしていました。

 

一人遊びしているサル。

 

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:00
comments(0), trackbacks(0), -
葛飾北斎の娘を描いたドラマが放送されます

こんにちは。

 

昨日は西日本を台風18号が猛威をふるいました。大変な雨でした。

 

広島ではJRの在来線が全て運行中止となりました。山陽新幹線も夕方、運休となった便もあります。

 

1991年の台風19号(「リンゴ台風」と呼ばれているのですね)と同じ大型台風であり、日本列島を縦断するのではと予想され、とても心配しました。

 

1991年の台風19号は全国に被害を与えました。広島では、私が経験した中で最も大きな台風でした。厳島神社の一部が倒壊した映像がニュースに流れたので、多くの人の記憶に残っているかと思います。

 

今回も多くの地域に被害を与えています。自然災害の脅威を感じています。

 

 

 

さて、9月15日に長野県の小布施(おぶせ)を訪れました。

 

この地を葛飾北斎が何度も訪れているので、多くの作品が残されています。それで、北斎の記念館である「北斎館」があります。

 

その時に、9月15日(金)の NHK「歴史ヒストリア」は葛飾北斎が特集されることを知りました。こちらは、小布施を訪ねたその日の夜、長野の宿で見ました。小布施で描かれた祭屋台の天井画も登場しました。興味深い内容でした。

 

10月1日(日)の深夜に再放送があります。

 

 

9月22日(金)の「歴史ヒストリア」もまた北斎関連です。こちらは娘のお栄が主人公だそうです。北斎の娘もまた天才絵師だったんだそうです。

 

 

そして、このお栄を主人公としたドラマも NHK で放送されます。

 

9月18日(月)19:30から。「眩(くらら)〜北斎の娘~」という題です。

 

主演は宮崎あおいさん。脚本は「あさが来た」の大森美香さんです。

 

楽しみです。

author:eiko, category:映画・TV・CDの紹介, 05:17
comments(0), trackbacks(0), -
『しゃばけ』を読むとほっこりする

こんにちは。

 

秋の旅行シーズンとなり、いろんな所に出かけています。

 

新幹線などで長時間移動したり、旅の宿で寝る前に、私は本が読みたくなります。

 

その時は、ちょっと軽めの本が良いですね。

 

そこで何度読んでも、楽しいのは「しゃばけシリーズ」です。

 

畠中恵さんの「しゃばけシリーズ」は10冊以上が文庫本化されています。

 

先日、松江の駅で「しゃばけシリーズ」のひとつ『たぶんねこ』(新潮社文庫)という本を購入しました。

 

それで、松江からの移動中に読んだのですが、やはり楽しい。

 

 

江戸時代の物語で、人と妖(あやかし)の血を引く若旦那と妖たちの活躍する内容です。

 

また、「しゃばけシリーズ」の人気の秘密は、挿絵のチャーミングさにもあります。

 

柴田ゆうさんの挿絵がかわいいんです。

 

 

忙しい日々を送っている人に、ほっこりとした時間を提供する「しゃばけシリーズ」をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:本の紹介, 05:50
comments(0), trackbacks(0), -
イチジクが美味しい

こんにちは。

 

9月というと、ナシが美味しい季節です。

 

私は世羅産の「豊水」というナシが大好き。サクッとかむと、甘い果汁があふれます。

 

ブドウもおいしいですよね。

 

それにもう少しするとカキの季節です。

 

秋はたくさんの美味しい果物の時期なので、嬉しいです。

 

 

ナシやブドウやカキに加えて、秋の味覚というとイチジクです。

 

イチジクは初夏に収穫されるものがあるので、年に2回楽しめます。

 

中国地方や四国地方では、多くの家庭が庭でイチジクを育てています。

 

カキと同じく、手をかけなくても、おいしいイチジクができるようです。

 

その点、自宅で育てるナシ、ブドウ、モモなどはなかなか難しいようですが。

 

 

それで、先週はいろんな所でイチジクを頂きました。

 

どれもよく熟れていて、美味しかったです。

 

 

author:eiko, category:花や木, 05:31
comments(0), trackbacks(0), -