RSS | ATOM | SEARCH
善通寺市の讃岐うどん店「香の香」はすごい

こんにちは。

 

この1月から3月まで香川県に行くことが多く、いろいろの讃岐うどんの名店に連れて行ってもらいました。

 

その中で、最も印象的なうどん店が善通寺市の「長田in香の香」です。

 

うどんがおいしいのはもちろんだけど、だしが絶品。

 

それも、熱々のだしがこの入れ物に入っているんです。

 

迫力でしょ。

 

また、行きたい。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 07:47
comments(0), trackbacks(0), -
直島に春が来ました

こんにちは。

 

先日、香川県の直島を訪ねました。

 

3月も下旬となると、休日でもないのに、たくさんの人が訪れていました。

 

春ですね。

 

この小ぶりなラッパ水仙がベネッセの敷地内にずらっと植えてありました。黄色い花はパワーを感じます。

 

「直島」というと、草間弥生さんの「Yellow Pumpkin 黄かぼちゃ」がアイコンですね。

 

Yellow Pumpkin 近くから眺めた瀬戸内海。こちらから見えるビルのある都市は高松市です。右手には瀬戸大橋も見えます。

 

ベネッセ・アート・サイト入り口近くに立っている鳥居。なぜか、背が低いんです。独特の存在感。

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:04
comments(0), trackbacks(0), -
「ひろめ市場」は高知の人気観光地です

こんにちは。

 

一昨日に続いて、高知情報です。

 

高知観光というと、高知城と桂浜が定番ですね。

 

高知城を訪れる場合は、その付近の観光地も訪ねるといいですね。

 

昨日紹介した「高知城歴史博物館」がまず、その一つ。

 

それと、高知城から5分程度の場所にある「ひろめ市場」も人気の観光地です。

 

ここで、「カツオのたたき」などが食べられます。

 

「芋ケンピ」「鳴子」など、高知の土産物も購入できます。

 

にぎわいがあるので、ぶらぶらするだけで楽しいですよ。

 

いつもにぎわっている「ひろめ市場」。こちらは表の入り口。高知城からは裏の入り口が近いです。

 

 

高知市内を歩いていると、歴史上の有名人物ゆかりの場所を示す石碑をよく見かけます。こちらは高知城近くにある「山内容堂公邸跡」の石碑です。しみじみします。

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:21
comments(0), trackbacks(0), -
WBCで広島ゆかりの選手が大活躍

こんにちは。

 

3月21日のTBS系の情報番組「あさチャン」を見ていたら、巨人の小林誠司捕手のWBCでの活躍を特集していました。

 

私はとても驚いたのですが、小林捕手は高校時代は広島県の広陵高校でプレーをしていたのですね。

 

きっと野球好きな広島県人にはよく知られた事実なのでしょうが、私は野球やサッカーにあまり興味がないので(すみません)、はじめて知りました。

 

 

小林捕手の所属していた広陵高校は2007年夏の甲子園で準優勝しています。

 

この試合のことを忘れられない広島県人は多い。

 

優勝したのは佐賀北高校。

 

広陵高校は決勝戦、延長で逆転負けを喫しました。逆転ホームランを打たれる前、ストライクがボールと判定されたとして、広島県では「世紀の大誤審」として認識されています。

 

この時のピッチャーが現在、広島カープのエースである野村祐輔投手。

 

あのボールがストライクと判定されていたら、それで優勝だったんです。それが、逆転負けです。

 

私はこの時のキャッチャーが小林誠司選手だったことを知りませんでした。

 

とてもつらい経験が2人の名選手を生んだんですね。こういうこともあるんですね。

 

 

さて、今回のWBCでは広島にゆかりの選手が多く活躍していて、嬉しいです。

 

カープの菊池涼介二塁手は「忍者」とも称されるような華麗な守備で注目されています。(菊池選手は東京都出身です)

 

日本ハムの中田翔選手は小学校と中学校は広島です。高校からは大阪ですね。

 

ぱちぱち。

 

さて、今日の準決勝はどうなるんでしょうか。

 

 

author:eiko, category:映画・TV・CDの紹介, 05:33
comments(0), trackbacks(0), -
今年は大政奉還150年。高知城歴史博物館が開館しました

こんにちは。

 

先日、高知を訪ねました。

 

今年は、1867年に行われた大政奉還から150周年の年です。大政奉還というと土佐藩ですね。

 

それで、今年3月4日に「高知城歴史博物館」が開館しました。

 

2017年3月4日から2019年3月31日まで、2年以上にわたって高知県では「幕末維新博」が開催されています。

 

高知はいつも熱いんですが。今年は特に燃えていますよ。

 

 

さて、この高知城歴歴史博物館です。

 

いくつかの展示室があり、高知の歴史や城の説明、龍馬をはじめとした大政奉還を実現した人物の紹介などが続きます。

 

ここまでは、そんなに印象深くない(失礼)。

 

ところが、圧巻は最後の展示室です。

 

17世紀から伝わる山内家の宝物の数々が展示されています。

 

藩主が着用した鎧、さまざまな形の兜、陣羽織など。

 

息をのむような美しさと迫力です。

 

この展示物を眺めるだけで、行く価値があります。

 

高知城の追手門からすぐの場所にあります。

 

高知城歴史博物館の2階や3階からの追手門と天守閣の眺めは最高。

 

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:08
comments(0), trackbacks(0), -
遠藤周作研究の第一人者・山根道公先生の講座が開催されます

こんにちは。

 

マーチン・スコセッシ監督作品『沈黙−サイレンス』を2回見て、余韻に浸っています。

 

遠藤周作研究の第一人者として知られる方が山根道公先生(ノートルダム清心女子大学教授)です。

 

この映画のパンフレットにも印象的な文章を書いていらっしゃいます。

 

その山根先生の講座が広島で開催されるので、紹介します。

 

 

NHK文化センター主催 遠藤周作『沈黙』と映画「沈黙」〜小説と映画をめぐって〜

 

日時は第1回が6月3日(土)、第2回が7月1日(土)。それぞれ15:30−17:30までの2回の短期講座です。

 

興味のある方はNHK文化センター広島教室に申し込んでくださいね。

 

映画のパンフレットです。資料として価値があります。

 

 

 

 

 

author:eiko, category:本の紹介, 05:03
comments(0), trackbacks(0), -
広島市内や宮島に続々、新しい店がオープン

こんにちは。

 

宮島を歩いていると、あれっという場所にレストランやカフェが開店しています。

 

宮島の食のレベルは年々上がっています。

 

 

テレビの情報番組や雑誌もチェック。

 

春になると、広島市内や宮島にたくさんの店がオープンするのです。

 

 

このところ、インバウンドと呼ばれる外国人旅行者が日本に多く訪れるため、その人たちをターゲットとしたレストランが続々、オープンしているという感じです。

 

その一つがこのレストラン。

 

 

平和公園近くの通りで発見。オープンまじかな寿司レストランのようです。

 

まるで、サンフランシスコあたりの寿司屋のようですね。

 

びっくりして写真を撮りました。

 

やっぱり一度は行ってみますね。

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:26
comments(0), trackbacks(0), -
島根県を旅行するなら「出雲キルト美術館」にぜひ

こんにちは。

 

3月も中旬となると、朝の光が春の日差しですね。気持ち良いです。

 

春になると、やはり旅したくなります。

 

この春、島根県を旅行する予定の方は、「出雲キルト美術館」を訪れることをお勧めします。

 

「キルト」というと、ハワイアンキルトとかイングリッシュキルトが思い浮かんで、「出雲」とマッチしない感じがするかも知れません。

 

しかし、「出雲キルト美術館」の全作品を制作していらっしゃるアーティストの八幡垣睦子先生の作品はまさに日本のテーストです。

 

築地松(ついじまつ)が独特な風景を生み出している斐川平野の古民家を改装した「出雲キルト美術館」は作品だけでなく、その空間が全てアートです。

 

 

3月2日から6月13日まで「春季企画展」が開催されています。

 

JR出雲市駅からタクシーで1500円くらいのところにあります。行く価値があります。

 

 

日本国内には1000を超える美術館があるそうです。その中で、アート観賞ナビゲーター藤田令伊氏により厳選された60館が紹介された「企画展がなくても楽しめる すごい美術館」(KKベストセラーズ社)で、山陰地方では足立美術館と出雲キルト美術館が紹介されています。

 

前回、「出雲キルト美術館」と同時に訪ねた出雲大社の近くの「稲佐の浜」です。ドキドキするくらいインスピレーショナルな場所。出雲地方は景色も人も深いです。

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:40
comments(0), trackbacks(0), -
ソメイヨシノの前にも桜は咲きます

こんにちは。

 

3月11日に縮景園を訪れました。

 

春の日差しあふれる縮景園は気持ちが良かったです。

 

ほんの少し前までは、松の木にコモが巻かれ、梅林の梅が寒さの中で可憐な花を咲かせていたのに、この日の縮景園はまさに春。

 

梅林に梅は咲いているのですが、同じ花とは思えない風情です。冬の梅も春の梅もどちらも良いですけどね。

 

 

桃の花も咲いていました。

 

 

そして、数本の桜も。

 

こちらは「河津桜」と呼ばれる桜の品種です。

 

ソメイヨシノより1ヶ月くらい早く花を咲かせます。

 

「日本を訪れたら、ぜひ桜が見たい」という方が多い。

 

ちょっと、微妙ですが、こちらの桜を見て、喜んでもらいたいと思います。

 

 

 

author:eiko, category:花や木, 05:19
comments(0), trackbacks(0), -
4月26日に平和記念資料館の本館が一時閉館します

こんにちは。

 

3月14日の新聞に、平和記念資料館の改修工事に関する最新情報が掲載されていました。

 

********************************

4月26日(水)に現在、一時閉館している「東館」が開館します。

 

それと同時に、現在、開館している「本館」が一時閉館します。

********************************

 

上記はほぼ確定の情報のようです。

 

そして、「本館」と「東館」がともに開館する「グランドオープン」は「2018年7月の予定」と、この記事に記載されていましたが、こちらはまだ不確定情報です。

 

 

 

平和記念資料館には1955年に開館した「本館」と1994年に開館した「東館」があります。

 

まず、2014年9月に「東館」を一時閉館し、改修が終了後、2016年4月に「東館」を開館。同時に、「本館」を一時閉館し、改修が終了後の2018年4月に両館が開館する「グランドオープン」の予定でした。

 

「東館」の一時閉館後の開館予定日は当初より1年以上も遅れています。

 

難工事なんですね。

 

 

これから平和記念資料館を見学予定の方は、この情報を参考にしてくださいね。

 

平和記念資料館「本館」の写真です。丹下健三設計の初期の傑作として知られています。

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:42
comments(0), trackbacks(0), -