RSS | ATOM | SEARCH
広島港のインド料理店「ガネーシュ」は人気店です

こんにちは。

 

数日前、松山に行く用事があったので、広島港に出かけました。

 

この時期、山の緑は瑞々しいし、海の色も清々しい。

 

素敵です。

 

この写真は「元宇品の山」で、広島市で数少ない「原生林」だと言われています。

 

もこもこしています。

 

 

下の写真は瀬戸内海汽船の「スーパージェット」。広島港と松山観光港はフェリーだと2時間40分ですが、このスーパージェットだと約1時間です。海の新幹線ですね。

 

 

さて、今日、ご紹介したいのは広島港のビル内にあるインド料理店「ガネーシュ」です。

 

インドかネパール出身のシェフが調理しているカレーは本格的。

 

私はエビカレーとナンが好き。

 

広島港内のレストランは苦戦しているところが多いのですが、この店はいつも繁盛しています。

 

広島港に行く時にお勧めします。

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:31
comments(0), trackbacks(0), -
2月28日の「がっちりマンデ−」は八天堂を取り上げていました

こんにちは。

 

2月26日(日)の朝、食事をしながらテレビを見ていると、「がっちりマンデー」という番組で、八天堂(はってんどう)を取り上げていました。

 

「八天堂」というと、広島県三原市港町のくりーむパンのお店です。

 

創業は1933年と古いお店なのですが、「美味しいパン」のお店として知られるようになったのはここ数年です。

 

今では、宮島を歩いていても、八天堂のクリームパンを売っています。

 

 

「がっちりマンデー」で、司会の加藤浩次さんが「八天堂だあ」と、とてもよく知っている品として話しているのに驚きました。

 

東京でもぐっと名前が知られているのですね。

 

 

広島の情報番組にも良く取り上げられている名店なのですが、私は八天堂のくりーむパンを食べたことがありませんでした。

 

それで、広島駅でさっそく、購入。天橋立に向かう新幹線内で頂きました。

 

さすが、コストパフォーマンスの良いデザート。人気のはずです。

 

 

新大阪の駅では、京都のお茶屋さんのコーナーに「八天堂」の大きな文字が。タイアップしているんですね。

 

地方の小さなお店が良い商品を開発し、一生懸命、販売戦略に努力していると、勝つことがあります。

 

頑張れ、八天堂。

 

 

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:59
comments(0), trackbacks(0), -
広島で天ぷらというと「天冨良 天甲」です

こんにちは。

 

数日前、これから新しい人生の旅立ちをする友人のための食事会を行いました。

 

こういう晴れの日の食事は天ぷらがいいですね。

 

そして、広島で一番おいしい天ぷらのお店というと、やはり「天冨良 天甲」です。

 

 

私がいつも注文するのは最も天ぷらの数の少ない「梅コース」。3500円でした。

 

車エビの天ぷらに始まり、野菜、海の幸が堪能でき、最後はエビのかき揚です。10くらいあるので、こちらでお腹いっぱい。

 

もっと食べたい時は、それにお好みを加えます。

 

 

この日は、「春」を味わいました。

 

右上は「ふきのとう」、左下は「菜の花」、左上は「白魚」です。素敵ですね。

 

 

お酒は「ゴールド賀茂鶴」。

 

 

極楽でした。

 

 

系列店に「天甲本店」があります。こちらは少し格式があります。

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:42
comments(0), trackbacks(0), -
平和公園近くで軽く食事をするには「おにぎり仁田屋本店」

こんにちは。

 

いろいろと用事があり、平和公園に行くことがよくあります。

 

そんな時に、軽くちょっと食事する時は「おにぎり仁田屋本店」がお勧めです。

 

おにぎり1つ、豚汁、惣菜などがお手軽価格です。

 

おにぎりと総菜は希望のものが注文できます。

 

この日のおにぎりは生たらこ。総菜は牛肉コロッケです。

 

平和公園近くの平和大橋東詰です。

 

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:00
comments(0), trackbacks(0), -
宮島でカキを味わうなら「蒸しガキ」も

こんにちは。

 

先日、わざわざカキを食べに行くならよい場所として、「草津かき小屋」を紹介しました。

 

でも、なかなか行けない場所です。

 

 

年間400万人の観光客が訪れる「宮島」でのカキ事情を紹介します。

 

年中、カキが味わえる店としては「焼きガキのはやし」と「牡蠣屋」が有名です。

 

どちらも表参道商店街にあります。

 

私もよく行きます。

 

「広島に来たらカキが食べたい!」と思っている観光客の方にはとてもありがたいお店です。

 

 

他の場所では「カキシーズン」のみにカキ料理が味わえます。

 

この前、行って、美味しいと思ったのが、「厳斎」(いっさい)の蒸しガキです。

 

宮島桟橋すぐ近くの宿屋「月うさぎ」の1階にあります。

 

ここの蒸ガキがとても良いお味でした。

 

「焼きガキ」もいいですが、「蒸しガキ」も独特のうまさがあります。

 

 

ちなみに、宮島はぜひ夜と早朝を楽しみたい。宿泊をお勧めします。

 

「月うさぎ」は感じの良いお宿です。夜を「厳斎」で食べると、素敵です。

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:24
comments(0), trackbacks(0), -
「草津かき小屋」の焼きガキは絶品でした

こんにちは。

 

1月になると、カキがぐっと美味しくなります。

 

草津港に草津のカキ水産業者が経営している「かき小屋」があると聞いて、出かけました。

 

すると、評判以上の素晴らしさ。

 

 

海から上げたばかりだというカキがそれは美味しい。

 

6分、焼いた後で、熱々を食べると最高でした。

 

 

小さなバケツに30個くらいカキが入っていて、これが2000円です。びっくりする安さ。10個入り1500円の「特選」もありますが、普通のカキで十分、美味しい。

 

ビール、ワイン、日本酒もあります。

 

 

JRの駅や広電の電停から離れているのですが、行く価値があります。

 

美味しいカキを堪能したいなら、ここです。

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:17
comments(0), trackbacks(0), -
草津の卸売市場内の「天丼」が美味しい

こんにちは。

 

数日前、友人と一緒に草津港に行ってきました。

 

築地市場はとても人気があるし、下関の唐戸市場も人気の観光地です。

 

広島の水産卸売市場は草津にあります。どんな場所かを見に行きました。

 

場内にいくつかのお店があり、その中で天丼のお店が評判です。

 

「天狗家食堂」の「天丼」は680円。

 

エビのてんぷらが卵でとじてあるのですが、この卵にエビの味がいっぱい。

 

エビでだしを取っているんでしょうね。

 

 

こちらのもう一つの売りが「貝汁」(かいじる)です。

 

アサリがたくさん入ったみそ汁を広島県人は「貝汁」と呼びます。こちらは200円。

 

合計880円でこのボリューム、この味。

 

評判になるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:57
comments(0), trackbacks(0), -
江田島にカキ小屋が登場します

こんにちは。

 

広島の食というと「カキ」。現在でも広島県のカキの生産量は全国一です。

 

市町村でいうと、広島県呉市が日本一。江田島が日本で二番目なんだそうです。

 

ブランドカキの「一粒くん」も江田島産。

 

それで、江田島に行った時はぜひカキを食べたいのですが、江田島でカキが気軽に食べれる場所がなかったんです。

 

とても残念でした。

 

それが、12月23日の中国新聞によると、2017年1月13日から5月31日まで、江田島の小用港(こようこう)にカキ小屋が開かれるそうです。運営主体は市内の水産業者で作る協議会。

 

当日、市内のカキ養殖業者が水揚げしたカキが焼いて食べられるそうです。

 

金曜・土曜・日曜の11時から15時まで。

 

2シーズンは行うことを決定しているそうです。

 

 

小用港には広島港からも呉港からも定期船が発着しています。

 

旧海軍兵学校を訪れるにはこの港です。

 

 

まさにとれとれのカキを味わえる場所だと期待大です。

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:11
comments(0), trackbacks(0), -
「お菓子総選挙2016」でカルビーの「じゃがりこ」が王者に輝く

こんにちは。

 

冬は暖かい部屋でお菓子と熱い紅茶が最高です。(春も夏も秋もですが)

 

11月27日(日)、夕食をとりながらテレビを見ていたら、テレビ朝日系で「お菓子総選挙2016」を放送していました。

 

10代から50代の1万人の男女が13社のお菓子メーカーの2700品の中からベスト1を選ぶというバラエティ番組です。

 

トップ30品が紹介されました。

 

 

はじめはボヤーとみていたのですが、だんだん引き込まれていきました。

 

かなり長い時間放送される番組だと分かったので、後半は番組録画して、後日じっくり見ました。

 

 

手に汗握るシーンがいくつもありました。

 

会場で結果を見守る13社の社員・関係者の表情は真剣そのものです。会社員時代の自分を思い出しました。

 

強いと思っていたお菓子がそうでもなく、そこまで人気と思っていなかったお菓子が上位に来たりして、意外。

 

チョコレート菓子が強いと思っていたのですが、そうでもないんです。でも、「キットカット」は別。こちらは強かった。

 

海外の方も「キットカット」をお土産に買いたいという人が多い。おいしいし、話題性も抜群なんですね。

 

でも、カテゴリーとして一番なのは「ポテトチップ」。カルビーが強い、強い。

 

 

カルビー株式会社は実は広島のメーカーなんです。

 

広島県人として嬉しい。

 

 

ただ、お菓子No.1はカルビーの「ポテトチップうす塩」かと思っていたら、カルビーの「じゃがりこ」だったのはびっくり。

 

「じゃがりこ」がそこまで強いとは驚きでした。

 

 

 

もう1つ、この番組ではドキッとした瞬間がありました。

 

13社の社員・関係者が時々、コメントを求められます。チロルチョコの宣伝を行っているという少女がチロルチョコの紹介をした後で、出演者の爆笑問題の大田光がその少女にこう質問しました。

 

「本当に一番好きなお菓子は何?」

 

「もちろん、チロルチョコです!」という答えがあるかと思いきや、その少女はちょっと考え込みました。

 

他社の商品名を口にしそうな雰囲気。その時、側でマイクを差し出していた女性アナウンサーが「チロルチョコでいいと思います」とささやきました。

 

すると、大田光が「おまえはつぶやき女将か」と茶化したのですが、緊張した一瞬でした。

 

私はこの女性アナウンサーの行動は素敵だと思いました。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:10
comments(0), trackbacks(0), -
広島の名店の1つ「アンデルセン」

こんにちは。

 

台風がまた近づいているようですね。秋です。

 

さて、数日前に広島アンデルセンの移転先に気がついたので、紹介しますね。

 

「アンデルセン」は広島市民にとって特別なショップです。

 

とてもクオリティの高いパン、お菓子、総菜、お花。気持ちの良いサービス。

 

本通りにあった店舗に一歩入ると、そこは上質な空間でした。

 

戦後、タカキベーカリーを開業していた高木夫妻が1967年に本通りに「広島アンデルセン」をオープンしました。

 

その後、1970年には「青山アンデルセン」をオープン。

 

それで、「アンデルセンというと東京のお店」と思っている人が多いのですが、広島発なんですね。

 

この高木夫妻はお人柄が素晴らしいと評判の方がたで、広島ではとても尊敬されています。

 

 

その広島アンデルセンの店舗が老朽化したということで2016年1月で閉店。2020年の改装後のオープンまでは他の場所に移転して営業中だと聞いていました。

 

でも、それがどこか知りませんでした。

 

すると、先日、紙屋町を歩いていてその店舗を発見。

 

紙屋町交差点でJTBの店舗のすぐ横。広島銀行の真正面です。

 

1階がベーカリ―。2階がカフェ。3階はレクチャールーム。4階・5階はパーティルーム。

 

少しスペースは小さいのだと思いますが、本通りにあった店舗と同じサービスを現在も行っています。

 

広島に来ることがあれば、「広島アンデルセン」をぜひ訪ねてくださいね。

 

広島の人は「アンデルセン」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:広島のうまいもの, 05:49
comments(0), trackbacks(0), -