RSS | ATOM | SEARCH
7月15日セミナー参加者の皆さんありがとうございます

こんにちは。

 

土曜日に月に一度「うねざき式」セミナーを開催しています。

 

7月15日のセミナーに参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

 

 

7月15日(土)の14:00−15:30のセミナーのテーマは「音声改善」。

 

母音の発音とR.L.Wを中心に子音の発音をトレーニングしました。

 

発音で重要なのは、「口の開き方」「あごの落とし方」と「唇の形」です。

 

正確な口、あご、唇の位置をとることで、正しい発音が得られます。

 

これは快感です。

 

中でも、Lの発音は改善が難しいのですが、ようやく指導のポイントがつかめてきました。

 

セミナー参加者の方も改善に実感が得られたようです。嬉しいですね。

 

 

 

16:30−18:00の夕方の回のテーマは「英日通訳」。

 

通訳ガイドや会社員・NPO職員として英語をつかう必要のある人は、基本的な通訳スキルを身につけていると役立つと思います。

 

それに、英語力全般を伸ばす際に、通訳スキルをトレーニングすると効果が得られます。

 

私のお勧めは英語の音声を聞く際に、頭の中でサイレントシャドーイングをしながら聞きます。日本語には変換しません。

 

そして、いくつかの単語を記号化して英語でメモ取りをします。

 

そのメモを見ながら、日本語に変換して訳出するのが英日通訳です。

 

上記の方法でトレーニングすると、通訳技術が身につくと同時に英語力が向上します。

 

 

 

7月18日(火)は19時からTOEICをテーマとしたセミナーを開催します。

 

こちらもTOEICの得点を伸ばすだけでなく、英語力を伸ばすのが目的です。

 

興味のある方は「うねざき式」サイトにアクセスしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:33
comments(0), trackbacks(0), -
発音の基本ははじめの口の形です

こんにちは。

 

友人と一緒に発音のための冊子を作成中です。

 

まず、26このアルファベットの基本の音を正確に発音できるようになるための方法を考えています。

 

そこで鍵となるのははじめの口の形です。

 

 

私はそれぞれの音を発音する際の口の形が4つあると思います。

 

「金魚の口」

 

「くるみ割り人形の口」

 

「アヒルの口」

 

「口笛の口」

 

 

7月15日(土)の午後のセミナーは音声改善。この時に紹介し、トレーニングしますね。

 

ご期待ください。

author:eiko, category:英語スキル, 05:35
comments(0), trackbacks(0), -
7月15日と18日にセミナーを開催します

こんにちは。

 

月に3回、セミナーを開催しています。

 

7月は15日の土曜日の午後(14:00−15:30)と夕方(16:30−18:00)に行います。

 

午後は「音声改善」がテーマです。

 

夕方は「英日通訳」のトレーニングを行います。

 

 

そして、7月18日(火)の夜(19:00−20:30)は TOEIC をテーマとしたセミナーです。

 

リーディングセクションの「文法・語彙」問題である Part5 を使った英語力強化のトレーニングを行います。

 

私は TOEIC を使ったトレーニングは TOEIC の得点が伸びるだけでなく、英語力が伸びると思っています。

 

特に、この Part5 が重要だと確信しています。

 

 

セミナーに関心のある方は、「うねざき式」のサイトの「セミナー案内」にアクセスしてください。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:58
comments(0), trackbacks(0), -
「TOEICのリスニングに比べて、リーディングの得点が低いんです」

こんにちは。

 

TOEICを使って、英語力強化はできると思っているので、TOEICの話しをすることがよくあります。

 

その際、「リスニングはまずまずなのですが、リーディングの得点が伸びないんです」という相談をよく受けます。

 

この場合、2つの理由が考えられます。

 

 

1つは、「英語の文法規則が分かっていない」ケースです。

 

こちらの場合は、7月5日の書き込みに対応の方法を書いていますので、参考にしてください。

 

 

もう1つは、「解答速度が遅い」ケースです。

 

Part7の長文読解問題は54問あり、たくさんの文章を読み、解答する必要があります。リーディングの75分間のうち、45分間はこの時間に残したい。

 

そうすると、Part 5、Part6 の文法・語彙問題は30分で素早く解答する必要があります。こちらは46問ですから、1つ30秒で解答するスピードが必要です。

 

Part7のために45分間を残せたとしても、かなり大量の長文を読み、解答するので、ほとんどの人は時間切れとなると思います。

 

でも、それは問題ではありません。10問、時間切れとなっても、気にする必要はありません。次回、もう少し速く読み、解答できるようにトレーニングを続けてください。

 

 

Part5, Part6, Part7 のいずれも、スピードアップの決め手としてお勧めしているのは、「頭の中で音読する」ことです。

 

こうすることで、リーディングスピードが上がり、深く記憶することが出来ます。

 

ぜひ、試してみてください。

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:30
comments(0), trackbacks(0), -
「どうやったら正確な英文が作れますか?」

こんにちは。

 

英語力強化を目指す人たちから、「どうやったら正確な英文が作れますか?」という質問をよく受けます。

 

私もこの点にいつも苦労しているので、どうやったら良いのだろうと考えます。

 

英語圏で生まれ育った帰国子女や海外滞在期間が長い人などは、一般の日本人が日本語を身につける方法で英語力を身につけているのだと思います。

 

大量の英語を聞き続けることで、話し続けることで、基本的な英語力を身につけるという方法です。

 

私はこうやって日本語を身につけました。

 

 

しかし、外国語である英語は同じ方法で身につけることはできないのだと思います。

 

それで、日本語教師の方は日本語の文法を日本語学習者に理解してもらい、トレーニングしていらっしゃいます。

 

私には日本語の文法項目はさっぱり分かりません。分かる必要もないのだと思います。

 

 

それで、外国語として英語を身につける場合、文法理解が必要なのですが、「いつ」「どの程度」理解する必要があるか、です。

 

私は、文法を理解して、その理解の上に英語を身につけるというのは、あまり現実的ではないように思います。

 

大量に聞いてみる。簡単な文章を大量に読んでみる。そして、適当に話してみる。

 

この時点では適当でいいのだと思います。正確でなくても。

 

そして、ある程度、話せるようになった時に、じっくりと文法規則を理解しようとするのが良いのだと思います。

 

その時、大学受験用の文法書を利用するのはお勧めしません。不必要な細かい規則がたくさん出ていて、くらくらします。

 

 

TOEIC Part 5 と Part 6 は「文法・語彙問題」です。

 

ここの問題をトレーニングするのが良いのではと思います。ポイントを絞った問題です。ゲーム感覚で英語の作り方が学べます。

 

 

TOEICPart5Part6 のポイント

 

TOEICPart5 Part6 は「文法・語彙問題」です。

ここで問われるのは、「英語の文章を作り上げるためのポイント」が分かっているかどうかです。ここをトレーニングすることで、TOEICのリーディング問題で高得点につながるだけでなく、実際に英語の文章を作り上げ、素早く正確に読む力がつきます。実践的な英語力を身につけるためにとても重要な個所です。

 

まず、7つのポイントを押さえましょう。

 

 5文型」の理解・・・・SV(主語・動詞), SVC(主語・動詞・補語), SVO(主語・動詞・目的語), SVOO(主語・動詞・目的語・目的語), SVOC(主語・動詞・目的語・補語)が英語の基本です。ここはぜひ。

 

◆嵒併譟廚陵解・・・・・SVC, SVO をはじめとした5文型で使用される品詞は決まっています。「名詞」「形容詞」「副詞」などの「品詞」の理解があるか。

 

「三単現」の理解・・・「三人数・単数・現在」の場合、I like Mary, She likes Maryと動詞が変化します。

 

ぁ峪制」の理解・・・I go to the park. I went to the park yesterday, I will go to the park tomorrow など、動詞は時制によって変化します。

 

ァ峅鳥嗣昌譟廚函嵒垈鳥嗣昌譟廖ΑΑμ昌譴砲録瑤┐蕕譴襦峅鳥嗣昌譟廚函⊃瑤┐蕕譴覆ぁ嵒垈鳥嗣昌譟廚あります。この違いへの理解が重要です。

 

Α崋動詞」と「他動詞」・・・・動詞には「一般動詞」(love, go)と「be動詞」(am)があります。そして、「一般動詞」の中に「自動詞」と「他動詞」の違いがあります。この理解が重要です。理解しにくいポイントですが、ここはぜひ。

 

А崘銃安屐廚「受動態」・・・・主語や目的語が「する」のか「されるのか」が重要ポイントです。

 

**************ここまでをしっかりと押さえましょう*************

 

 ┐修梁召諒庫‐紊竜則・・・・上記7つ以外の文法の規則が出題されますが、これはできなくても問題ありません。少しずつ分かってきます。

 

「単語」と「フレーズ」・・・上記の文法問題以外に、「語彙問題」として「単語」や「フレーズ」が出題されます。ここは出来ても、出来なくても、素早く対応するのが重要です。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:35
comments(0), trackbacks(0), -
TOEIC Part2 で日常英会話の表現をゲーム感覚で学ぶ

こんにちは。

 

「リスニングを伸ばすにはどうしたら良いか?」をいつも考えています。

 

リスニングの障害になるのは下記が考えられます。

 

1)その単語・表現を知らない。

 

2)音が聞き取れない。

 

3)音が聞き取れても、その後、すぐに忘れてしまう。

 

 

上記の障害を取り除くには、下記が考えれます。

 

1)単語や表現に触れて、それを覚える

 

2)正確な音声とリズムを身につける

 

3)サイトラ、リプロダクション、シャドーイング、ディクテーションのスキルを身につける。

 

 

 

2)と3)に関しては、クラスレッスンやパーソナルレッスンを受講して、トレーニング方法を学ぶことをお勧めします。

 

そして、1)です。

 

単語や表現を増やすには、これは自分で続けるしかない。

 

ニュースやドラマ、自分の手に入れたいテーマの資料を読み、聞く必要があります。

 

日常会話が苦手という人が多いですよね。

 

私もそうです。

 

こういう人にお薦めなのが、TOEICの Part2 をディクテーションやリプロダクションすることです。

 

Part2 は日常英会話の表現の宝庫なんです。

 

 

例えば、take a rain checkという表現。

 

これは、「今回は行かないけど、次回また誘ってね」という婉曲的な断りの表現です。

 

由来は、雨で野球の試合が中止になった時に受け取るチケットらしいです。

 

おもしろいでしょ。

 

Drinks on me は「私がおごるよ」という表現です。

 

こういう日常英会話の表現は知らないと全く想像がつきません。でも、一度、接していると、ピンと来るんですね。

 

TOEIC の Part2 をディクテーションやリプロダクションで何度も繰り返して、言ったり、書いたりしていると、口から出てきます。

 

 

お勧めします。

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:06
comments(0), trackbacks(0), -
6月24日(土)セミナーを開催しました

こんにちは。

 

6月24日(土)に「うねざき式」のセミナーを開催しました。

 

今回のテーマは「TOEICのリスニング」トレーニングでした。

 

TOEICの Part1(写真描写問題)と2(応答問題)を繰り返しトレーニングすると、リスニング力が必ず伸びます。

 

 

なぜ、Part1 と Part2 が解答できないのでしょうか?

 

1つは「その文章の意味が分からない」ということが考えられます。

 

読んでも分からない場合です。こちらに対処するには、その表現やフレーズ・単語を学ぶことです。

 

 

もう1つは「音声が理解できない」「音声を理解しても、その表現が記憶できない」です。

 

こちらの対処方法が大切なんです。

 

こちらに対処するには、Part1 の4つのセンテンスをディクテーション、リプロダクションするのが有効です。

 

Part2 は「質問」のセンテンスをディクテーション、リプロダクションします。

 

上記をディクテーションすると、かなり聞こえない音があり、文章をリプロダクション(英語で口で繰り返す)ことが出来ないことが分かります。

 

どちらの文章もそんなに長くありません。リプロダクション、ディクテーションのトレーニングに最適です。

 

 

TOEICのテキストを1冊購入したら、その Part1 と Part2 を上記の方法で繰り返し行って、「完璧」にディクテーションできるようにトレーイングしてください。

 

この作業を行うことで、英語を英語のままでリスニングする基本スタンスが身につきます。

 

ここが大きい。

 

この基本スタンスが身につくと、Part3 や Part4 も解答できるようになるんです。

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 10:03
comments(0), trackbacks(0), -
6月20日(火)TOEICセミナー(リスニング)を開催します

こんにちは。

 

晴天が続いています。熱中症対策が必要な暑さですね。

 

さて、6月20日(火)の夜、TOEICセミナーを開催します。

 

今回のテーマは、リスニングで最大の難関とされる長文リスニング Part4 のトレーニングです。

 

Part4 で高得点をマークするにはいくつかの課題があります。

 

どうやったら、集中して英文を楽に聞けるのか? 

 

音声をつかむことができるのか? 

 

内容を理解することが出来るのか? 

 

そして、きいた内容を頭の中で定着させることが出来るのか?

 

これらの課題に対応するには重要なポイントがあり、その点をお伝えし、トレーニングを行います。

 

 

2017年1月から12月まで、月に一度、火曜日の夜に TOEICセミナーを開催しています。

 

今回で、Part5 から Part4 までの全てのポイントをトレーニングすることになります。

 

 

リーディングの Part5(文法・語彙問題)から始まって、Part6 (長文の中の文法・語彙問題)、Part7 (長文読解)。

 

リスニングの Part1(写真問題)、Part2 (短文リスニング)、Part3 (会話文リスニング)、Part4 (長文リスニング)

 

 

TOEICのテキストを使って、「効果的な」トレーニングすると、TOEICの得点が伸びるだけでなく、英語力が伸びると確信しています。

 

また、7月から12月にそれぞれのパートをトレーニングするので、興味のある人は参加してくださいね。

 

紹介は「トモコーポレーション」のサイトの「セミナー案内」にアクセスしてください。

 

定期的にセミナー情報を入手希望の方は、メルマガ購読もできます。

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 07:19
comments(0), trackbacks(0), -
ディクテーションには2つの大きな効果があります

こんにちは。

 

私が担当している英語教授法の講座では、4月から6月にかけて、私が重要と考える英語スキルについて基礎から学ぶ時間を取っています。

 

重要な英語スキルというと、下記の10のポイントです。

 

.廛蹈愁妊(発音・発声法)
******************
▲汽ぅ肇肇薀鵐好譟璽轡腑鵝並読法)
シャドーイング
ぅ螢廛蹈瀬ション
******************
ゲ仔疋好圈璽150ワード/ 分
Ε妊クテーション
Д僖薀哀薀奸Ε蝓璽妊ング
┸瑤凌瑤方
2分間スピーチ
150ワードライティング
 

この中で、今週は「ディクテーション」のスキルをどうやって身につけるかをトレーニングしています。

 

 

ディクテーションは、英語の文章を聞いて、それを英語で書き取ることです。

このスキルは中学校などの英語の授業でも取り入れている先生が多いので、なじみのある人が多いのではないでしょうか。

ディクテーションには2つの効果があります。

1つ目の効果は、自分の聞こえない音が分かることです。

連音や音の欠落、弱く発音される音、勘違いしている発音などが聞こえないので、自分で弱点が分かります。

2つ目は、英語を英語のまま聞く姿勢が生まれます。

英語を日本語に変えて聞いてしまう癖をなくしたいという人には、ディクテーションが最適です。英語の音だけに集中するので、英語を聞くスタイルに変わることが出来ます。

1つ目の効果がよく強調されますが、私は、この2つ目の効果が特に重要だと思っています。


さて、私がベストと思う方法を言いますね。

 

音声CD付きのテキストを用意する。一回のディクテーションは英文で1分程度の短いものが適当です。

,泙此△修硫酸爾鯤垢ます。メモなどは取りません。この作業を3回行います。

1つのセンテンスごとに音声を止めて、書き取ります。出来れば、聞きながら頭文字をメモします。この作業を3回行います。

A澗里硫酸爾鯲します。書き取った内容に加筆や修正を行います。この作業を3回行います。

げ酸爾鮖澆瓩董⊇颪取った内容をじっくり眺めて、文法的な間違いなど、気がつく点を修正します。

イ修慮紊如▲謄ストを見ながら、間違いを赤字で訂正します。

δ正した自分の書いたものを見ながら音声を流して、間違えた箇所や聞きとれなかった箇所を確認します。この作業を3回行います。

 

Д謄ストに合わせて音声を流し、3語遅れの音読を行ないます。この作業を3回行います。

 

 

上記を全て行うと、合計15回、同じ英文の音声を聞くこととなります。この時に、「英語の音」を聞くことに集中し、英文を再現しようとすることに集中します。それで、2つの効果が得られるわけです。

 

(時間を短縮したい場合は、1センテンスずつ書き取るのを3回行うのはそのままにして、その他の作業は2回とすることも可能です)

 


ポイントとして、
1.書き始める前にしっかりと英文を聞くこと。

2.1つのセンテンスが終わるまで音声を止めないこと。

3.必ず最後にもう一度音声を流して、自分の間違いを確認すること。


それと、どの程度の音声が良いかですよね。

私は、ディクテーションはナチュラルスピードが良いのではと思っています。初級学習者にでもです。

それで、どう上級学習者と差別化するかというと、初級学習者には、穴あけ式のディクテーションを行うことをお薦めします。

It is his _____ to visit Prime Minister's Office.

上記のように一部のみをディクテーションするというものです。


ディクテーションは、一人でやるとつらい作業です。

でも、クラスアクティビティとすると盛り上がりますよ。

author:eiko, category:英語スキル, 05:08
comments(0), trackbacks(0), -
「ニュースで英会話」サイトは使えます

こんにちは。

 

山の緑がさらに目に鮮やかですね。

 

さて、3月から5月、自宅を開けることが多く、「ニュースで英会話」サイトを使って、英語力をトレーニングする時間がとれていませんでした。

 

それで、この頃、ダッシュで遅れを取り戻しています。

 

 

「ニュースで英会話」サイトというのは、NHKのEテレの番組「ニュースで英会話」に連動して、立ちあげられているオンライン上のサイトです。

 

このサイトが優れモノなんです。

 

私は英語力を伸ばしたいという方に、このサイトを強くお勧めしています。

 

月曜日から金曜日まで週に5つの短いニュースが掲載されます。それぞれ1分程度です。

 

音声は3種類あり、自分のレベルに合わせてリスニング出来ます。

 

その後、「聞き取り」や「並べ替え」が練習でき、「チャレンジ」という6問を終えると、それを「マイページ」に登録できます。

 

「マイページ」に登録すると、自分が行った日がいつかをチェックできるので、便利なんです。

 

 

私は「センテンスごとに学ぶ」というページを使って、リプロダクションのトレーニングを行っています。

 

その過程で、/靴靴っ姥譴魍个┐襦´単語の発音を確認する フレーズを覚える、など活用しています。

 

それに、知らなかったニュースに出合って、なるほどと思うことも多いです。

 

通訳案内士として、「今」の話題を話すことが多いので、このサイトが役に立つんです。

 

1分間程度でサクッと話をまとめるコツも身につきます。

 

 

いいでしょ。

 

強くお勧めです。

author:eiko, category:英語スキル, 05:50
comments(0), trackbacks(0), -