RSS | ATOM | SEARCH
TOEICのリーディングを頭の中で音声化する

こんにちは。

 

9月12日(火)の夜に「TOEICセミナー」を開催しました。

 

参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

 

この日のテーマは TOEIC の Part7。長文読解が必要なリーディング問題です。

 

 

私のお勧めは、全ての英文を頭の中で音声化しながら読んでいくことです。

 

日本語には変えません。「区切り読み」で読み続けます。

 

「区切り読み」はセンス単位(意味単位)ごとに区切って、情報を頭の中に入れていきます。

 

スピードが重要なので、ゆっくりと読んだり、何度も読み返すのは良くありません。

 

その文章の内容が、ある程度分かれば良いのです。

 

 

「TOEIC の Part7 の文章を全て読む必要はない」という意見もあります。また、「音読する癖は良くない。音読する人は黙読の際も頭の中で音声化するのでスピードが出ない」という声もあります。

 

しかし私は、文章のすべて読むことお勧めします。そして、頭の中で音声化することをお勧めします。

 

確かに、これから海外の大学院で修士号や博士号を取る予定の人や日本国内の外資系企業で幹部を目指している人には、大量の文章を素早く読みこむ必要があるため、音読スピードよりも数倍速いスピードで読んでいくことが重要なのだと思います。

 

でも、TOEIC 900点や英検1級を目指している一般の英語学習者の場合、そこまでのレベルを目指す前にすることがあります。

 

それは、リプロダクションのスキルです。

 

まず、英語を英語のままで頭にとどめて、そしてそれをもう一度英語で再現する(リプロダクトする)技術が必須です。

 

このスキルが身についていない人が、さっと読み飛ばしていくのは危険です。もったいないとも思います。

 

 

TOEICの文章はリスニング問題もリーディング問題も実践的な内容であり、ぜひ、自分でもそれが理解でき、かつ言えるようになりたい。書けるようになりたい。

 

この文章をリスニングの場合は「サイレントシャドーイング」で頭の中で音声化し、リーディングの場合は文章を目で見て、頭の中で音声化することで、正確に素早く理解できます。そして、その一部は自分の口からも出てきます。

 

 

英語力強化には、さまざまな教授法があります。違った考え方があります。

 

自分に合いそうなものを探して、その方法を続けてみてください。

 

 

9月30日(土)14:00から「うねざき式」セミナーを開催します。

 

この日のテーマは9月12日と同じく、「TOEIC Part7 のトレーニング」です。

 

希望の方は、「うねざき式」のサイトの「セミナー情報」にアクセスしてくださいね。

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:13
comments(0), trackbacks(0), -
上達することの楽しみ

こんにちは。

 

朝夕の風が冷たくなって、秋を感じるこの頃です。

 

さて、今日のタイトルは「上達することの楽しみ」です。

 

私は週に一度、テニスを習っています。80分間のレッスンを6名くらいで一緒に行っています。

 

テニスコーチから、ボレーやグランドストローク、スマッシュなどの基本のスキルのトレーニングを受けたり、プレー上の動き方のトレーニングを受けています。

 

テニスを始めてから数十年たつのですが、私はスマッシュがずっと苦手でした。

 

ところが、この1年くらい、ようやくスマッシュが楽に打てるようになりました。

 

嬉しいです。

 

 

スマッシュが打てるようになるには、腕の振り方や、ラケットを動かすポイントが重要だと思えますよね。

 

それはもちろんなのですが、なぜ私がうまくスマッシュができなかったかというと、足の動きにあったんです。

 

素早く、大きな歩幅で後ろに下がり、横向きの態勢を取ったままで体をひねりながら、スマッシュする。

 

この点に気をつけて練習すると、スマッシュが打てるようになったんです。

 

 

同じことが、英語のスキルにも言えると思います。

 

リスニングが苦手という人を例にとると、「ナチュラルスピードの英語を聞き続けていたら、リスニングが得意になる」とは限らないんです。

 

リスニングが上達するには、その人が身につけていない他にポイントがあったりします。

 

例えば、自分の出す音声が正確でない、音読スピードが遅い、サイトラ・リプロダクション・シャドーイングの3重要スキルが身についていない、などが考えられます。

 

 

テニスを楽しみながら、スクールの効果的なトレーニング方法やコーチのアドバイスに感謝しています。一緒にトレーニングを受けている人の姿を見ることもとても参考になります。

 

そして、私が行っている英語強化のトレーニングは効果的だろうか、参考になるアドバイスを行っているだろうか、と考えます。

 

 

テニスだったり、英語だったり、掃除方法だったり、何が対象であってもいいと思うのですが、上達すると嬉しいですよね。

 

ゆっくりと、でも少しずつ上達するのが楽しみです。

 

 

萩の花を見ると秋を感じます

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:29
comments(0), trackbacks(0), -
日英翻訳・通訳のトレーニング法

こんにちは。

 

8月26日に、「日英通訳」のセミナーを開催しました。

 

問い合わせや参加した方の声から、日英通訳ができるようになりたい方が多いことを再認識しました。

 

「日英通訳」というのは、日本語を英語に通訳することです。

 

英語を日本語に通訳することを「英日通訳」と呼びます。

 

一般的に、通訳の訓練では英日通訳スキルのトレーニングがほとんどです。

 

翻訳も同じ状況だと思います。

 

翻訳トレー二ングというと、英日翻訳スキルのトレーニングが中心でしょう。

 

でも、それが良いのです。

 

というのは、「日英通訳」「日英翻訳」は「英日通訳」「英日翻訳」のトレーイングを正しく行うことで、向上するからです。

 

 

英語が母国語ではない私ですが、1つの重要なアドバイスが出来ます。

 

それは、「日英通訳や日英翻訳のスキルを伸ばすには、英語を英語のままで文構造を分析して、再現できるリプロダクションのスキルを伸ばすと良い」というアドバイスです。

 

リプロダクションがしっかりできるならば、英語の文章を読み続けることで、日英通訳や日英翻訳が必ず伸びます。

 

ですから、日本語を母国語とする人の日英通訳や日英翻訳の最も有効なトレーニングは、英語のリプロダクショントレーニングなのです。

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:40
comments(0), trackbacks(0), -
8月のセミナーを開催しました

こんにちは。

 

昨日(8月26日)の土曜日に、8月の「うねざき式」セミナーを開催しました。

 

午後2時からは、「英語力強化のための10のスキル」を紹介し、サイトトランスレーション、リプロダクション、数の聞き取りなどのトレーニングを行いました。

 

私はこれらの英語スキルを身につけると、英語力が向上すると確信しています。

 

 

午後4時30分からは、通訳技法の習得がテーマでした。今日は、被爆者の方の証言を通訳する時の心構えなどを紹介し、実際に証言を英語に通訳するトレーニングを行いました。

 

広島で通訳・通訳ガイドを行う上で必要であると思っています。

 

 

セミナーに参加してくださった皆さん。ありがとうございます。

 

このブログを見て、セミナーのことを知ったという方が何人かいらっしゃったので、ブログを書く励みになります。

 

 

ちなみに9月の土曜日のセミナーは9月30日。

 

14時から「TOEIC の Part7」を使った英語力向上の方法トレーニング。

 

16時30分からは「英日通訳技法」のトレーニングを行います。

 

 

また、土曜日の2回のセミナーのほかに、火曜日の夜に月に1回、TOEICセミナーも行っています。

 

こちらは9月12日です。

 

 

詳細は「うねざき式」サイトの「セミナー情報」にアクセスしてください。

 

 

また、「英語スキル10のポイント」のトレーニング方法は、このブログの「カテゴリー」からアクセスください。

 

細かーくトレーニング方法を紹介しています。

 

 

英語力を伸ばしたいという方のお役にたてればよい、と願っています。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:07
comments(0), trackbacks(0), -
TOEIC リーディングのポイント

こんにちは。

 

8月8日に TOEIC セミナーを開催しました。参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

 

今回のテーマは「TOEIC の Part 7」でした。Part7 というと、リーディングの最難関。長文読解です。

 

 

まず、なぜ今年1年間(1月から12月)、火曜日の夜に月に1回、TOEIC セミナーを開催しているのかの理由を説明しました。

 

実践的な英語力を身につけるには TOEIC の試験に沿ってトレーニングを行うことがとても有効だと思うからです。

 

TOEIC の良いところは

 

試験が全て英語で行われる:日本語で考えることを排除できるので、英語で読み・聞き・思考する良い訓練となります。

 

スピードのプレッシャーがある:ことばを身につけるには、瞬時に判断することが重要なので、短い時間に大量の英文を読む

良い訓練となります。リスニングも1回しか聞けないところが良いのです。

 

役に立つ会話・文章が使われている:実際に英語圏で使用されている会話文や手紙文、記事などが使われているので、役に立ちます。

 

テーマが限られている:ビジネスと一般生活に関する問題に絞られているので、ターゲットが絞りやすい。そして、実際に使うことができる。

 

明快な試験のフォーマット:リスニングではナチュラルスピードの英語が正確に聞こえているか、聞こえた内容が理解できているか、一定時間は記憶できているかが問われている。リーディングでは基本的な英語の規則が分かっているか、基本の語彙があるか、

長文を素早く読み・内容を理解できるかが問われている。とても明快な出題である。

 

つまり、TOEIC に沿ってトレーニングを行うことで、実践的な英語力が身につくわけです。ただし、しっかりと聞き、読むことなく、単にテクニックで素早く解答しようとすると、英語力は身につきません。

 

「正しくトレーニングすること」が重要なのです。

 

 

次に時間配分。

 

900点以上を得ようとする場合、リーディングでは下記のスピードが必要です。リーディングは100問を75分間で解答します。

 

Part 5 文法・語彙問題 30問を解答する×30秒=15分。

 

Part 6 長文内の文法と語彙問題 4文を読む×1分=4分

               16問を解答する×30秒=8分 合計12分

 

Part 7 長文読解 23文を読む×1分=23分

        54問を解答する×30秒=27分 50分

 

ただし、上記を合計すると77分。自分の得意なパートでの時間短縮が必要です。

 

TOEIC を専門とする学校では Part 5 と Part 6 を10分ずつの20分で行うように指導しているところが多いと聞きますが、かなり難しいので、目安としては、上記をお勧めします。こちらは一般の人にも実行可能なスピードです。

 

 

私のお勧めは、「どのパートも英文を全て読む」ですので、素早く読み、内容を理解し、一定時間は記憶する能力が必要です。

 

そのために、「サイトラ」をまず身につけ、「区切り読み」に進みます。

 

TOEICでは日本語に変換するのは良くないので、「サイトラ」は行いません。「区切り読み」でザクザク読んでいきます。

 

上記の方法で行っていくと、TOEIC の得点が伸び、目的である英語力が強化されます。

 

 

 

さて、8日のセミナーでは、上記の説明を行った後、実際に Part 7 を行ってもらいました。

 

まず、30分でどこまでできるか。

 

その後、もう15分でどこまでできるか。

 

最大時間は45分としました。というのは、一般の人が Part 7 に取り掛かれるのは、開始から30分後である可能性が高いからです。そうすると、持ち時間は45分です。

 

45分間で全て54問の解答ができた人もいますが、30問から40問くらいしかできない人が一般的です。

 

私は、必ずしも、全てを解答しなくてもいいと思います。自分のできるペースでじっくりと解答する方が好ましい。

 

ずっとトレーニングを行う中で、スピードが伸びてくると、段々、解答できる問題数が増えてきます。

 

その頃には、Part 5、Part 6 のスピードも上がり、50分以上の時間が残り、最終的には Part 7 全てが解答できる日が来ます。

 

その時には TOEIC の得点が900点を超えるだけでなく、素早く・正確に読み、理解し、一定時間は記憶することができ、ナチュラルスピードが聞こえ、理解し、一定時間は記憶することができるようになります。

 

こうなると、実践的な英語力が身についていると言えると思います。

 

おまけとして、英検1級も合格する力がついています。

 

 

やる気になりましたか?

 

ポイントは「TOEIC のトレーニングを正しく行う」です。

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:14
comments(0), trackbacks(0), -
「ヘリコプター・ペアレント」という言葉があります

こんにちは。

 

日本語を使う人と英語を使う人の通訳をしている時、「どうやったら、お互いよく分かるだろう」と考えます。

 

例えば、「細雪」(ささめゆき 谷崎潤一郎著)についての話題が出た時、英語では「The Makioka Sisters」というのだと知っていると、話がうまくつながります。

 

「沈黙」(遠藤周作著)は「Silence」なので、すぐ分かるのですが、そうではないことが多いんです。

 

タイトルはとても重要なので、必ずしも原題を翻訳したものとは限りません。

 

異文化の国で成功するために、出版社や配給元は良いタイトルをつけようとそれは努力しています。

 

ぐっと違うタイトルで成功した例をあげると「Sushi and Beyond」がそうです。

 

日本語版のタイトルは「英国一家、日本を食べる」でした。この題で興味を引き、日本で大ヒットしました。

 

「Sushi and Beyond」はミニマムな表現を好むイギリス人的で素敵で、日本文化外の人にはとてもアピールする良い題です。

 

「日本では寿司もあるが、それだけじゃないんだ」という深い意味が感じられます。

 

 

映画や本の話題になった時、日本と英語圏ではタイトルが異なっている時に、うまく訳出できないことがあるので、出来るだけ主な作品の日本語と英語のタイトルを知っていたいと思います。

 

 

意味が違うので、気をつけないといけないのは本や映画のタイトルだけではありません。

 

例えば、「ヘリコプター・ペアレント」です。

 

なんだと思いますか?

 

日本語では「モンスター・ペアレント」です。

 

興味深いでしょ。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:55
comments(0), trackbacks(0), -
サイトラは英語力を身につける必須スキル

こんにちは。

 

暑い日が続いていますね。

 

私が主宰している英語力強化の講座は夏休み・冬休みはなく、月に2回のレッスンを行っています。

 

今の時期は、英日通訳を行うことで、英語力の向上を目指しています。

 

私の考えでは、英語力を伸ばすには、英語は英語のままで読み、英語のままで聞くのが基本だと思います。

 

その際、それぞれのセンス単位を意識して、それを1つの区切りとして、読み・聞きすることを勧めています。

 

「区切り読み」「区切り聞き」です。

 

 

一般的に、学校では長文読解の指導では「返り読み」を行っていると思います。

 

きっと、大学受験のための長文読解には「返り読み」(日本語の並びに英語を並び替えて、日本語に変換して読んでいく方法)が向いているのでしょう。

 

しかし、「返り読み」で英語を読み続けていても、リスニング力の向上につながらないのが難点です。

 

 

私は、リーディングは「区切り読み」(英語を英語の並びで、英語のままで理解する方法)が良いと思います。

 

または、「サイトラ」(サイト・トランスレーション 英語を英語の並びで、日本語に変換して読む方法)で読むのが良いと思います。

 

 

リーディング方法として、上記のように、「返り読み」「区切り読み」「サイトラ」などがあります。この3つの方法は、素早く、大量に英文を読む際に役立ちます。

 

そして、文構造を意識することで、文法の理解が深まります。

 

ただし、「返り読み」はリスニングには障害となります。聞こえてくる音声を自分の好きなように「返り読み」で行っているように並び替えることができないからです。

 

「サイトラ」もリスニングでは障害となります。聞こえてくる音声を、日本語に変換するのは困難だし、する必要がないからです。

 

それで、リスニング時には「区切り読み」と同じ手法で「区切り聞き」を行うのが、最も効果的な方法だと考えています。

 

 

ただし、一般的に言って、日本で英語教育を受けている人は、一気に「区切り読み」「区切り聞き」をトレーニングしても、なぜか効果が現れません。

 

「区切り読み」の前に「サイトラ」を十分行って、それが素早く、正確に出来るようになった人に「区切り読み」に移行することを勧めています。

 

そうなると、リスニングは「区切り聞き」ができます。

 

 

また、いつもセンス単位を意識しているので、「サイトラ」「区切り読み」で英文を読んでいる人は、「リプロダクション」(英語の音声を英語のままでくり返して言う)や「ディクテーション」(英語の音声を英語のままで書き取る)が楽にできるようになります。

 

「リプロダクション」が楽にできるようになると、英語力がぐんと伸びます。

 

読んだ英語の文章、聞いた英語の文章が自分の中にたまって行くので、英語での発信にも活用できるわけです。

 

 

という訳で、「サイトラ」は全ての英語スキルの基本なんです。

 

ぜひ、身につけることをお勧めします。

 

author:eiko, category:英語スキル, 14:23
comments(0), trackbacks(0), -
リスニング力を伸ばすには

こんにちは。

 

昨日は、TOEICのテキストを使って、リーディング力を伸ばす方法を紹介しました。

 

リスニングが苦手という人のリスニング力アップの方法はどうでしょうか。

 

 

まず、リスニングが苦手という人の理由として下記が考えられます。

 

 _酸爾うまく聞き取れない。

 

◆_酸爾亙垢とれるが、情報として伝わらない。

 

 情報として理解できても、すぐに頭から消えてしまう。

 

 

 

まず、,梁从です。

 

こちらは自分の発する音声が正確でないため、英語の音声が聞き取れないということが最大の理由です。

 

自分の音声を改善して、正確な発音とリズム(プロソディと呼びます)を身につけることが必須です。

 

その後で、ゆっくりとした音声のリスニングを行ったり、ナチュラルスピードの音声音リスニングを行うと良いでしょう。

 

 

次に、△梁从です。

 

こちらは2つの理由が考えられます。まず1つは単語やフレーズが分からない。これが想像以上に障害となっています。やはり、地道に単語数を増やしていくのが、リーディングやリスニング、ひいては英語力全般を伸ばす鍵です。

 

もう1つの理由は、「区切り聞き」が出来ていない。リスニングする際に、日本語に変換するのは絶対にやめた方がいい。英語を英語のままで聞き続けます。

 

その際に、重要なスキルは、センス単位(意味単位)ごとに情報を頭にインプットする「区切り聞き」です。リーディングの際は、「区切り読み」(サイトラと違って、日本語に変換しません)を行います。

 

「区切り読み」が身につくと、自然と「区切り聞き」ができるようになります。

 

 

さて、最後にの対策です。

 

この理由は、「リプロダクション」スキルが身についていない。そのため、英語の文章を英語で再現できない。砂に書いた文字のように、情報が消えてしまうのです。

 

「リプロ」のスキルが身についていると、頭にインプットした情報がもう一度、取り出せます。それで頭に英語のままで記憶できるようになります。

 

 

 

さて、TOEICのテキストはリスニング力アップにも効果的です。

 

私のお勧めは Part2 の質問を英語のままでくり返して言う「リプロダクション」のトレーニングを行うか、英語のまま繰り返して書く「ディクテーション」のトレーニングを行うことです。

 

 

参考にしてくださいね。

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:25
comments(0), trackbacks(0), -
TOEICテキストを使ってリーディング力を伸ばす方法

こんにちは。

 

暑い日が続きますね。朝にはセミがジンジン鳴いています。

 

 

さて、今日はTOEICのテキストを使って、リーディング力を伸ばす方法を紹介します。

 

まず、重要なポイントは時間配分です。

 

リスニングは自分で時間配分を考える必要はなく、音声が45分間をリードしてくれます。

 

一方、リーディングの100問は、75分間をどう使うかが重要になるわけです。

 

 

1)800点をめざす場合

 

 嵎庫 Ω贏談簑蝓廚 Part 5 の30問を15分で終了することを目指します。1問を30秒。

 

同じ「文法・語彙問題」の Part 6 の16問を15分で終了することを目指します。1問を約1分。

 

「長文問題」の Part 7 の44問を45分で行います。全部は解答できないので、出来る範囲を行います。

 

 

 

2)900点以上を目指す場合

 

 嵎庫 Ω贏談簑蝓廚 Part 5 の30問を10分で終了することを目指します。1問を20秒。

 

同じ「文法・語彙問題」の Part 6 の16問を10分で終了することを目指します。1問を約30秒。

 

「長文問題」の Part 7 の44問を55分で行います。全問回答を目指します。

 

 

 

まず、上記の時間設定を行い、Part 5 と Part 6 のスピードアップを目指します。

 

ただし、その解答方法です。Part 5 と Part 6 の問題は穴埋めの前後の文章だけでなく、「すべての文章」を一回「頭の中で音声化して読む」ことをお勧めします。

 

時間をロスするように思うかもしれませんが、こちらの方が時間管理ができ、素早く・正確に解答できるのです。

 

そして、この方法を続けると、英語力が伸びます。

 

 

さて、肝心の Part 7です。

 

こちらも私のお勧めは、「すべての文章」を一回「頭の中で音声化して読む」ことです。

 

問題数に対して、時間が足りない印象のあるTOEICのリーディング問題は、全部を読むことを勧めている人は少数派だと思います。

 

でも、私はここがとても重要だと思います。

 

一度、全部の文章を読むことで、文章の全体像を把握できます。これが問題を解答するための鍵なので、ここを抜かすのは良くありません。

 

それに、この方法を行っている人は、英語力が伸びてきます。TOEICの得点を伸ばすと同時に、英語力を伸ばすのがトレーニングの目的だと思ってください。

 

 

では、45分または55分で大量の文章を読み、44問を解答するにはどうしたら良いでしょうか・

 

‘本語にしない。英語を英語のまま「センス単位」を区切りとして、頭の中で音声化して、情報をインプットする。

 

この時に、問題や選択肢を意識しない。文章の内容を頭にインプットすることに集中する。

 

⊂綉の作業を行った後で、問題を解答する。4つの選択肢を○、△、×に分けた後で、選択する。

 

 

 

以上、リーディング問題は、「日本語に変換しなくても、センス単位の区切りを手掛かりとして、英語を英語のままで、頭の中で音声化して、さくさくと情報をインプットできる能力」が身についていることが必須なのです。

 

「日本語に変換しなくても、センス単位の区切りを手掛かりとして、英語を英語のままで、頭の中で音声化して情報をインプットする能力」を磨くために、TOEIC Part 7 のトレーニングは使えます。

 

ぜひ、この方法を続けて、TOEICの得点を伸ばすとともに、英語力を身につけてくださいね。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:19
comments(0), trackbacks(0), -
英文法は敵か味方か

こんにちは。

 

「大人が日本国内で英語力を身につけるには、どうしたら良いか?」をずっと考えています。

 

それで、浮かび上がるのが、文法です。

 

学生時代に文法で苦しんだ人が多いので、文法を苦手と思っている人は多いですよね。

 

私もその一人でした。

 

訳が分からない内容を、延々と覚えようとする苦痛。

 

英文に触れる機会が少ない中で、文法を覚えようとするのは無理があるんでしょうね。

 

 

今は、大人に英語の強化法のトレーニングを行っているのですが、文法の楽しさに開眼した人が多いように思います。

 

敵ではなく、友として文法に接している。

 

 

そうなるにはいくつかのポイントがあります。

 

英語力を伸ばすには2つの段階を踏んだ方が良いと思います。

 

まず、第1段階では、簡単な英文をたくさん読み、聞き、自分で適当に話す。間違いが多くてもかまいません。

 

第2段階で、読み続け、聞き続け、話し続けるうちに、少しずつ英語の規則に気がつき始める。

 

この第2段階の時に、頼りなるのが文法なんです。

 

 

ただし、この場合、大学受験用の文法の参考書を使うのはお勧めしません。

 

実際に英語の文章を作り上げる最低限の規則に特化した文法のテキストを使うことが重要です。

 

TOEIC600点をめざすくらいのテキストが基本的な規則を説明しているので、良いように思います。

 

まず、基本の規則を知ることが肝心ですね。

 

 

私たちは英語ネイティブではないので、必ず間違います。

 

でも、基本の規則を知ることで、間違いがぐっと少なくなるし、英語の組み立て方のコツが分かってきます。

 

ただし、読み続け、聞き続け、話し続けることを行ったうえでの文法だと思ってください。単に文法だけを学んでも、効果はないんですね。

 

 

例えば、英文を見ていて、I look forward to seeing you. というフレーズによく出会うと思います。

 

「お会いするのを楽しみにしています」という意味です。

 

このフレーズを見て、「どうして、to の後に see ではなくて、seeing が来ているんだろう」と疑問に思うようになるとしめたものです。to の使い方には2通りあることが文法書や辞書に書いてあります。

 

そこを読んで、その使い方の違いが分かるようになると、それで、このフレーズはあなたのものです。

 

自分で、英語の文章を作って行くことが出来ます。正確に読み、聞きすることが出来ます。

 

 

単にさまざまなフレーズを覚えていく、というより、自分で英文の作り方が分かるようになると、英語は楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:51
comments(0), trackbacks(0), -