RSS | ATOM | SEARCH
神田の「山の上ホテル」はヴォ―リズの設計です
こんにちは。

NHKの朝ドラ「あさが来た」を毎日見ています。大森美香さんの脚本は人の気持ちをほっこりさせますね。

「ゲゲゲの女房」「カーネーション」「あさが来た」が私のトップ・スリーです。


さて、娘の千代の夫となる人物が登場しましたね。

千代のモデルとなった広岡亀子さんは旧大名の子孫で華族であった一柳恵三さんと結婚しています。

その人の妹が結婚したのがウイリアム・メレル・ヴォ―リズです。

2月8日のブログでも書いたように、このヴォ―リズというのはびっくりするような人物です。

宣教師として、教育者として、実業家として、そして建築家として知られています。1941年には日本に帰化しているそうです。


ヴォ―リズの建物で私が大好きなのは東京・神田の「山の上ホテル」です。

東京で宿泊する際、時々宿泊していました。

建物がどこかあったかいんです。

池波正太郎さんの定宿として知られていて、食のレベルも高いのでとても人気でした。

あまり評判を聞かないので、どうしたのかなあと思ったら、いろいろとあり、現在は規模を縮小して営業しているそうです。

今度、東京に行くことがあれば、やはり宿泊してみたいと思います。
 
author:eiko, category:観光地の紹介, 05:44
comments(2), trackbacks(0), -
Comment
鬼平さん

こんにちは。コメントありがとう。ヴォ―リズはとても興味深い人ですね。山の上ホテルを設計していると聞いてそーかーと思いました。素敵な建物です。また、京都か広島で会いましょう。
eiko, 2016/02/28 7:04 PM
山の上ホテルがヴォーリズ建築だったとは、存じませんでした。という前に、山の上ホテルの実物を見たことがありません(T_T)文芸春秋の広告(マイナスイオン&酸素が流れている云々)でしか知らず。ぜひ一度泊まってみたいものです。
娘の母校がヴォーリズ建築で、2014年重要文化財指定を受けました。本当に美しい、別世界の雰囲気を持つ大好きなキャンパスです。ヴォーリズ夫人も卒業生だとか。
実際に使われ、そしてメンテナンスされつづけている古い建物には、命が宿っていますね。
鬼平, 2016/02/27 9:05 PM









Trackback
url: http://eikoblog.jugem.jp/trackback/1334