RSS | ATOM | SEARCH
英語の数字の聞き取りに新たなコツが分かりました

こんにちは。

 

秋晴れの日が続いて、気持ちいいですね。

 

知人がどっさりと栗を持ってきてくれるので、栗をたくさん食べています。美味しいです。

 

さて、1ヶ月くらい前、数字の聞き取りにブレークスルーがありました。

 

私がこれまでアドバイスしていたのは、下記の通りです。

 

「343,125」を例にとります。

 

1 343(スリー・ハンドレッド・フォーティスリー)と聞こえたら、それを書きます。

 

2 thousand (サウザンド) や million (ミリオン) などの単位が聞こえたら、カンマ( , ) を入れます。

 

3 数字が聞こえたら、口に出して(または頭の中で)数字をくり返して言うと、記憶がよく残ります。

 

 

ところが、受講生の方から、「343 という3ケタを記憶しておくのは難しい。私は、スリー・ハンドレッドと聞こえたら、すぐに 3 を書く。そして、後は2ケタの数字があると思って集中する」と聞きました。

 

それで試してみたら、びっくりするくらい、こちらの方が簡単。

 

 

これからは、下記のようにアドバイスします。

 

「343,125」を例にとります。

 

1 まず、3(スリー)と聞こえたら、3と書きます。そして、後、2ケタに集中して、その2ケタの数字を書きます。

 

2  thousand (サウザンド) や million (ミリオン) などの単位が聞こえたら、カンマ( , ) を入れます。

 

3 数字が聞こえたら、口に出して(または頭の中で)数字をくり返して言うと、記憶がよく残ります。

 

 

試してみてくださいね。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:50
comments(2), trackbacks(0), -
Comment
kyoko様

こんにちは。コメントをありがとうございます!
英語の数字の聞き取りはコツをつかむと、とても楽になりますよ。kyokoさんの役に立つと嬉しいです。
また、会いましょう。
eiko, 2017/09/30 7:39 AM
これまで数字アレルギーでしたが、ぜひ今度このmethodを試してみます!
Kyoko Yamashita, 2017/09/27 7:09 PM









Trackback
url: http://eikoblog.jugem.jp/trackback/1917