RSS | ATOM | SEARCH
名古屋で手羽先唐揚げが人気の秘密が分かりました

こんにちは。

 

私はずっと、「手羽先唐揚げというと名古屋名物」というのが疑問でした。

 

広島をはじめとする西日本の人間としては「手羽先を甘辛く揚げたものというと、大分・福岡でしょう」という感じがあるからです。

 

広島には「吉四六」(きっちょむ)という手羽先唐揚げの名店があります。私はここの甘辛い手羽先が大好き。

 

時々、無性に食べたくなります。テイクアウトもあるので、それを購入することが多い。

 

この「吉四六」は大分名物の居酒屋。他にも大分料理がたくさんあります。

 

それで、私にとっては「手羽先を甘辛く揚げたもの=大分県」です。

 

大分県というと「鳥のてんぷら」とか、鳥料理が強いですからね。

 

 

さて、数日前に「マツコの知らない世界」で手羽先唐揚げを取り上げていました。

 

そこで、名古屋には手羽先唐揚げの2強があり、1つは「世界の山ちゃん」。もう1つが「風来坊」というお店だと紹介していました。

 

そして、この「風来坊」の店主は福岡北九州出身。1966年に名古屋で手羽先唐揚げの店を開店。そこが評判となって、「名古屋というと手羽先唐揚げ」という状況となったようです。

 

納得しました。

 

 

「手羽先唐揚げ」食べたい。

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:56
comments(2), trackbacks(0), -
Comment
ayaさん

こんにちは。
はい。また、名古屋に行く時には「風来坊」の手羽先をご一緒しましょう。楽しみ。
eiko, 2017/10/24 7:35 AM
次回、名古屋へお越しの際は、『風来坊』で手羽先たっぷり堪能しましょう!\(^^)/
aya, 2017/10/16 12:40 AM









Trackback
url: http://eikoblog.jugem.jp/trackback/1935