RSS | ATOM | SEARCH
11月7日、第11回目のTOEICセミナーを開催しました

こんにちは。

 

11月7日(火)19時から、TOEIC セミナーを開催しました。

 

今年の1月から、毎月1回、火曜日の夜に行っています。

 

第11回目の今回は、リーディング問題のまとめ。(ちなみに第10回の前回はリスニング問題のまとめを行いました)

 

 

リーディング問題のポイントを言いますね。

 

まず、一番大切なのは時間管理。リーディングは75分間です。その時間を有効に使うことが大切です。

 

Part5 は文法と語彙問題が30問です。こちらを1問につき30秒で行いたい。それで15分間です。

 

Part6 も文法と語彙問題ですが、こちらは長文の中に問題が入っています。こちらは4つの文章に16問。ここを10分で行いたい。

 

それで、Part5、Part6 を25分で行うことを目標とします。そうすると、長文読解の Part7 に50分間が残せます。

 

Part5、Part6 を25分間で行うのはかなり難しいので、30分となっても良しとしましょう。でも、30分が最大の時間と思ってください。

 

 

では、どのように行うかです。

 

Part5 では一度、問題を全て読むことをお勧めします。頭の中で音声化してください。その際、文構造とだいたいの意味を把握します。そして、2回目に読むのは、穴あきの箇所の前後のみを集中して読み、どの品詞が入るかを判断します。

 

それで、「名詞」と判断して、異なった品詞が選択肢にあれば、それを回答します。しかし、選択肢が全て「名詞」の場合は、語彙問題です。

 

この場合は、分かっていれば、すぐに回答できますが、そうでない場合は、一度、4つの選択肢をその穴あきか所に入れて読み、適当と思われるものを「さっと」選んでください。勘で構いません。素早く対応するのが大切です。

 

 

Part6 も一度、すべての文章を読むことをお勧めします。ここで、文章の大意をつかむことが時間を節約し、正解率を高めるポイントです。読むことで時間をロスするという印象がありますが、そうではないと思ってください。

 

そして、その後は、Part5 と同じように回答していきます。

 

 

さて、Part7 です。45分から50分間時間が残っている必要があります。これだけ時間があっても、現在は読むべき文章数が多く、回答するも多い(55問)もあるので、全部を行うことは出来ないかもしれません。でも、それで問題ありません。

 

急いで、全てを回答しようとするよりも、自分のできる最大の速さで文章を読み、理解し、回答することが重要です。

 

それが、TOEIC の点数が伸びるポイントであり、さらに、TOEIC のテキストをトレーニングすることで「英語力を伸ばす」というもう1つの重要なテーマのポイントです。

 

Part7 でもしっかりと問題を読むことが最も重要と思ってください。日本語には変えません。「区切り読み」で情報を頭にインプットします。頭の中で音声化することをお勧めします。

 

そして、回答は、選択肢から1つをすぐ選ぶのではなく、4つを○、△、×に分け、そこから選択してください。リスニング時にはこの作業を行いません(頭がつかれるので)が、リーディングでは行いましょう。

 

文章(パッセージ)が2つか3つあっても、途中で読むのを止めません。全体を一緒に読むことが重要です。そうしないと、大意が情報として頭に残らないからです。

 

 

これらがリーディング問題のポイントです。

 

参考にしてくださいね。

 

 

次回は12月12日(火)の19時から第12回目の「TOEICセミナー」を開催します。

 

これが、ことし1年間の総まとめです。

 

興味のある方はぜひ参加してください。

 

 

「TOEIC トレーニングを行うことで、TOEIC の得点を伸ばすとともに、英語力を伸ばす」というのが、このセミナーのポイントです。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:32
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://eikoblog.jugem.jp/trackback/1961