RSS | ATOM | SEARCH
秋の七草とお茶花は風情があります

こんにちは。

 

今日から秋の草花を紹介します。

 

まずは「秋の七草」です。

 

覚え方は「おすきなふくは?」です。

 

おみなえし、

すすき、

ききょう、

なでしこ、

ふじばかま、

くず、

はぎ

 

これで秋の七草の名前を覚えられます。

 

 

数日前、風越山荘に行って、このうちいくつかの草花を見てきました。

 

写真を撮ったのは「ふじばかま」です。

 


 

こういう花なんですね。

 

 

 

さて、この時期に「お茶花」と言われる草花も咲いています。

 

お茶席でよく活けられているので、お茶花と呼ばれています。

 

その代表格は「ほととぎす」ですね。

 

 

とても印象的な花の形です。風情があります。

 

 

こちらは「むらさきしきぶ」。小ぶりなので「こむらさき」と呼ばれています。

 

こちらも趣があります。

 

 

 

それに加えて、こちらの草木も紹介します。

 

 

こちらは「がまずみ」です。

 

今の時期、たわわに赤い実がなっています。鳥がこの実を食べるそうです。

 

春先に可憐な白い花を咲かせます。

 

春も秋も楽しめる草木なんです。

 

 

 

 

 

 

author:eiko, category:花や木, 05:26
comments(0), -, -
Comment