RSS | ATOM | SEARCH
11月7日、第11回目のTOEICセミナーを開催しました

こんにちは。

 

11月7日(火)19時から、TOEIC セミナーを開催しました。

 

今年の1月から、毎月1回、火曜日の夜に行っています。

 

第11回目の今回は、リーディング問題のまとめ。(ちなみに第10回の前回はリスニング問題のまとめを行いました)

 

 

リーディング問題のポイントを言いますね。

 

まず、一番大切なのは時間管理。リーディングは75分間です。その時間を有効に使うことが大切です。

 

Part5 は文法と語彙問題が30問です。こちらを1問につき30秒で行いたい。それで15分間です。

 

Part6 も文法と語彙問題ですが、こちらは長文の中に問題が入っています。こちらは4つの文章に16問。ここを10分で行いたい。

 

それで、Part5、Part6 を25分で行うことを目標とします。そうすると、長文読解の Part7 に50分間が残せます。

 

Part5、Part6 を25分間で行うのはかなり難しいので、30分となっても良しとしましょう。でも、30分が最大の時間と思ってください。

 

 

では、どのように行うかです。

 

Part5 では一度、問題を全て読むことをお勧めします。頭の中で音声化してください。その際、文構造とだいたいの意味を把握します。そして、2回目に読むのは、穴あきの箇所の前後のみを集中して読み、どの品詞が入るかを判断します。

 

それで、「名詞」と判断して、異なった品詞が選択肢にあれば、それを回答します。しかし、選択肢が全て「名詞」の場合は、語彙問題です。

 

この場合は、分かっていれば、すぐに回答できますが、そうでない場合は、一度、4つの選択肢をその穴あきか所に入れて読み、適当と思われるものを「さっと」選んでください。勘で構いません。素早く対応するのが大切です。

 

 

Part6 も一度、すべての文章を読むことをお勧めします。ここで、文章の大意をつかむことが時間を節約し、正解率を高めるポイントです。読むことで時間をロスするという印象がありますが、そうではないと思ってください。

 

そして、その後は、Part5 と同じように回答していきます。

 

 

さて、Part7 です。45分から50分間時間が残っている必要があります。これだけ時間があっても、現在は読むべき文章数が多く、回答するも多い(55問)もあるので、全部を行うことは出来ないかもしれません。でも、それで問題ありません。

 

急いで、全てを回答しようとするよりも、自分のできる最大の速さで文章を読み、理解し、回答することが重要です。

 

それが、TOEIC の点数が伸びるポイントであり、さらに、TOEIC のテキストをトレーニングすることで「英語力を伸ばす」というもう1つの重要なテーマのポイントです。

 

Part7 でもしっかりと問題を読むことが最も重要と思ってください。日本語には変えません。「区切り読み」で情報を頭にインプットします。頭の中で音声化することをお勧めします。

 

そして、回答は、選択肢から1つをすぐ選ぶのではなく、4つを○、△、×に分け、そこから選択してください。リスニング時にはこの作業を行いません(頭がつかれるので)が、リーディングでは行いましょう。

 

文章(パッセージ)が2つか3つあっても、途中で読むのを止めません。全体を一緒に読むことが重要です。そうしないと、大意が情報として頭に残らないからです。

 

 

これらがリーディング問題のポイントです。

 

参考にしてくださいね。

 

 

次回は12月12日(火)の19時から第12回目の「TOEICセミナー」を開催します。

 

これが、ことし1年間の総まとめです。

 

興味のある方はぜひ参加してください。

 

 

「TOEIC トレーニングを行うことで、TOEIC の得点を伸ばすとともに、英語力を伸ばす」というのが、このセミナーのポイントです。

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:32
comments(0), trackbacks(0), -
明日香村はインスピレーショナル

こんにちは。

 

今朝は小雨。午後から天気が回復するそうです。

 

 

11月3日と4日、友人と奈良を旅しました。

 

目的は「正倉院展」です。

 

それで、1日目は「正倉院展」と興福寺の拝観を行いました。

 

2日目は計画を立てていなかったので、相談して、明日香村を訪れることとしました。

 

 

10年くらい前に、明日香村を訪れた時は、なら在住の知人に車で案内してもらったので、奈良市から明日香村まで、電車やバスでの移動方法が分かりませんでした。遠いのでは、という印象がありました。

 

それに、明日香村は広大なので、希望する史跡を車なしで移動できるのかも分かりませんでした。レンタサイクルは苦手なので、選択肢となりません。

 

1日目の夜に、いろいろと情報を集めると、奈良市から明日香村は近鉄電車で1時間程度だと分かりました。結構、近いんですね。

 

それに、「明日香周遊バス かめバス」という便利なバスがあることを知りました。こちらは1日券が650円で、主な史跡や博物館に停車します。このバスは本当に便利でした。

 

滞在時間が限られているので、どこに行くかをまず選択します。

 

それで、「高松塚古墳」「石舞台」「飛鳥寺」「万葉文化館」を選択しました。

 

まず、「飛鳥駅」から移動をはじめ、「橿原神宮前駅」を最終地点としました。

 

明日香村にはあまり観光客もいないので、とてものんびりと散策を楽しみました。

 

古代の日本に思いをはせて、インスピレーショナルな1日となりました。

 

次回は1泊か2泊したいです。

 

 

 

愛らしい「近鉄飛鳥駅」です。インフォメーションセンターが近くにあるので、明日香村見学のはじめはこちらが便利です。

 

 

「高松塚古墳」です。地元の農家の人がしょうがを保存する場所を掘っていたところ、変わった石を見つけ、これが1972年の発掘につながったそうです。7世紀から8世紀に作られたと言われています。持統天皇時代だそうです。

 

 

「石舞台古墳」です。一般に「石舞台」と呼ばれています。こちらは7世紀初めに作られた古墳ですが、墳丘の盛り土がはがされ、巨大な横穴式摂関がむき出しになっています。被葬者は蘇我馬子の可能性が高いと言われています。私は蘇我馬子にとても魅力を感じるので、ここに来るととてもしみじみします。

 

 

その後、「飛鳥寺」を訪れ、「飛鳥大仏」を拝見し、お参りしました。1400年間、同じ場所にいらっしゃる飛鳥大仏は独特の雰囲気を持っていらっしゃいます。忘れられないお姿です。この2日間で最も心を打たれました。

 

 

飛鳥寺の側の田んぼでは農家の方が稲刈りを行っていました。のどかです。

 

 

ちなみに、「牧歌的な、のどかな、田園風景の」という英語の形容詞は idyllic というのだと、今回知りました。素敵な単語ですね。

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:29
comments(0), trackbacks(0), -
興福寺では阿修羅像を仮講堂で拝見

こんにちは。

 

奈良情報の第2弾です。

 

広島を朝7時前に出発して、「こだま」でのんびりと新大阪に入り、その後、奈良に到着したのは11時過ぎでした。

 

まず、興福寺近くの宿に荷物を置いて、おうどんの昼食。

 

11月3日は文化の日の祝日であり、午後の「正倉院展」はさぞ人が多いだろうと思い、夕方近くに見学することとしました。それで、それまでの時間、私は興福寺を拝観。

 

「興福寺 仮講堂」で阿修羅像をはじめとする「天平乾漆群像展」が開催されていたので、見学しました。

 

通常、これらのお像は「興福寺 国宝館」に納められているのですが、今年1年間、国宝館が工事中のため休館。それで、「仮講堂」というお堂で拝見できました。

 

阿修羅像はやはり独特の魅力を放っていました。

 

 

その後、「東金堂」の仏様も拝観し、清々しい気持ちとなりました。

 

お宿は興福寺の目の前。部屋から五重塔が眺められます。ありがたい。

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:21
comments(0), trackbacks(0), -
奈良国立博物館の「正倉院展」に出かけました

こんにちは。

 

今日も秋晴れですね。

 

11月3日の文化の日、奈良国立博物館で行われている「正倉院展」に行きました。

 

3連休の初日でもあり、16時過ぎに訪れた時、人でいっぱい。

 

こんなに多くの人が「正倉院展」に行きたいと思っているのですね。展示ケースには人だかりで、全く近づけず。熱気もすごい。

 

それで、ロビーで少し休んで、5時過ぎに再度、入場しました。(金曜日など8時まで開館)

 

今度はかなり人が少なくなっていて、今度は愛らしい山羊の布やガラスの器などを眺めることができました。

 

 

正倉院の宝物は、8世紀の中ごろ、聖武天皇が亡くなった後に、光明皇后が聖武天皇の愛用品を東大寺に納めたのが始まりなのだそうです。その他の奈良時代を代表する宝物もあわせ、9000点、正倉院に保管されています。

 

今年の「正倉院展」が第69回ということなので、戦後すぐにこの展覧会は開催されたのですね。

 

6時を過ぎると、外は夜でした。

 

 

興福寺の五重の塔のそばには月が輝いていました。幻想的な風景でした。

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:08
comments(1), trackbacks(0), -
トイレを見ると分かること

こんにちは。

 

日本人は「統一」することが好きなのですが、トイレに関しては全く統一感がありません。バラバラです。

 

日本人にとっては、ちょっと困ることがある程度ですが、外国の方にはとても困ることがあります。

 

ある観光地や観光施設が、国際観光客に魅力的な場所でありたいと願うならば、清潔で快適、かつ分かりやすい表示のあるトイレが必須です。

 

例えば、広島県福富町の「カドーレ」という牧場レストランには、とても快適な洋式トイレがあります。何度でもリピートしたくなる。

 

それに対して、瀬戸内海のある島のミカン狩り農園のトイレは悲しい。海外の方をお連れ出来ません。

 

 

以前はトイレ事情が悪かった高知県ですが、ここ数年は目を見張る進歩です。大型クルーズ船が接岸する港に快適なトイレが誕生。高知城にも快適なトイレが生まれました。拍手。

 

太宰府天満宮、徳島県にある四国霊場第1番札所の霊山寺もトイレが快適になりました。

 

高速道路のサービス・エリアやパーキング・エリアはオアシスのように感じられます。

 

 

広島の平和公園も戸外のトイレが弱かったのですが、ようやく快適なトイレに生まれ変わりました。拍手。

 

宮島は宮島桟橋のトイレが安心です。

 

 

松江駅のトイレは以前は使いにくかったのですが、現在は快適です。

 

高松駅をはじめ四国のJR駅のトイレ事情はまだ十分とは思えません。四国はこれから多くの国際観光客が見込める場所なので、ぜひ、快適なトイレを導入してもらいたいと願っています。

 

 

 

さて、快適なトイレが整備されている場所も、表示がうまくいっていないケースがよく見られます。

 

 

1 まず、どうやったら「トイレの水が流せるのか」の表示が必要です。

 

英語の flush という文字やピクトグラム(絵文字)などで、日本語が読めない人にも分かる表示がほしい。

 

日本語の表記しかない場所がかなりあります。英語でいっぱい表記してあるのは、 TOTOのウオシュレットの使い方だったりします。「音姫」という水の音が出る装置がありますが、その説明だったりして。

 

 

2 ぜひ、ドアの外から「洋式」か「和式」化が分かる表示が必要です。

 

ドアの中をのぞきこまないと、どちらか分からないのはとても困るんです。

 

 

以前、ドルを円に両替するために、10名くらいの外国の方とある銀行に行きました。トイレに客人が行った後で、警告音が鳴り響きました。トイレの水を流す方法が分からず、赤い「緊急」ボタンを押したんですね。

 

私はその後、そのトイレに行って表示をチェックしたのですが、英語やピクトグラムはなく、日本語の表示のみ。水を流すには、水タンクのレバーを引く方式でした。それで、その表示はふたに隠れて見えません。日本語だし。目立つのは赤い「緊急」ボタン。

 

その時、そのフロアにいた20名くらいの行員の方がうんざりとした顔をしたのを覚えています。何度も同じことが起きているのでしょうね。

 

その中で一人でも、「このトイレの表示に問題があるからではないか?」と思う人がいれば、この問題は解決しているのになあ、と思いました。

 

 

広島駅のトイレです。洋式か和式化がドアの外で分かります。

 

 

 

 

author:eiko, category:通訳ガイド・通訳, 05:59
comments(0), trackbacks(0), -
イギリスではクリスマスの準備が始まりました

こんにちは。

 

現在、イギリスの大学院で学んでいるケイコさんから便りが届きました。

 

イギリスではクリスマスの準備で街がにぎわっているそうです。

 

この写真はクリスマス飾りのお店です。

 

シックですね。

 

 

ケイコさん、また便りをお願いしますね。

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:48
comments(0), trackbacks(0), -
11月7日(火)に TOEIC セミナーを開催します

こんにちは。

 

2017年は1月から12月まで、月に1度「TOEICセミナー」を火曜日の夜に開催しています。

 

TOEIC は正しくトレーニングすると、TOEIC の得点が伸びるだけでなく、英語力が伸びると確信しているからです。

 

英語を使った仕事を考えている人には、とても役に立つ文章が選ばれています。

 

ただ、「正しくトレーニング」しないと、英語力は伸びない。

 

それで、私が正しいと思うトレーニング方法を伝えたいと思い、TOEICセミナーを開催しているわけです。

 

 

今月は11月7日(火)19:00−20:30に開催します。

 

11月と12月で12回連続の TOEICセミナーが終了します。

 

11月はリーディングのまとめとして「Part 5, Part 6, Part7」のトレーニング方法を紹介します。

 

 

興味のある方は下記を参考にしてくださいね。

 

 

117日(火)19002030

11月第1回セミナー「TOEICセミナー:リーディング問題トレーニング」

リーディングのPart5Part6Part7のトレーニングを行います。

TOEICのリーディング問題では、文法・語彙、長文読解を素早く、正確に行うことが求められます。

この点に沿って訓練することで、英語力全体が向上します。そのポイントを紹介します。

*対象レベル:すべての方に参加いただけます。

 

1118日(土)14001530

11月第2回セミナー「通訳案内士試験2次対策:プレゼンテーション」

通訳案内士試験2次で行われる2分間のプレゼンテーションに向けたトレーニングです。

*対象レベル:今年、通訳案内士試験2次にのぞむ方、来年以降を目指す方、現在、通訳案内士、ボランティアガイドとして活動中の方、目指す方。

 

1118日(土)16301800

11月第3回セミナー「通訳案内士試験2次対策:通訳」

通訳案内士試験2次で行われる英日通訳のトレーニングです。

*対象レベル:今年、通訳案内士試験2次にのぞむ方、来年以降を目指す方、現在、通訳案内士、ボランティアガイドとして活動中の方、目指す方。

 

 

場所:トモコーポレーション会議室

定員:8

参加費:4000円/回(受講生は振替券が利用できます)

*各回要申し込みです。興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:トモコーポレーション 渡部まで

unezaki@tomo-corp.com

(お問い合わせの際、お名前/お電話番号を明記いただきますようお願い致します。)

 

 

 

 

 

author:eiko, category:英語スキル, 05:38
comments(0), trackbacks(0), -
日本シリーズで柳田選手が大活躍

こんにちは。

 

今日も気持ちが良い秋晴れですね。

 

昨日の日本シリーズは迫力がありましたね。

 

私は野球の試合を全て見るほどのファンではないのですが、ニュース映像でも、ホークスとベイスターズの選手の本気がはっきり感じられました。

 

第1戦から第3戦のホークスの勢いを見ると、4タテなんだろうなあと思っていました(ベイスターズの方すみません)が、昨日の試合は違いました。

 

どちらのチームの選手も素敵でした。

 

 

さて、今年の日本シリーズを見ている広島県人の思いを伝えますね。

 

注目はホークスの柳田悠岐(やなきた・ゆうき)選手です。

 

というのは、柳田選手は広島育ちの青年なんです。

 

広島市内の公立小学校を卒業後、広島商業に進みます。柳田選手が広商の時は甲子園に出場できませんでした。その後、地元の広島経済大学に進学。ここで活躍し、プロからも注目される選手となります。

 

ところが、2010年、カープはドラフト2巡目まで柳田選手を指名しませんでした。ドラフト2巡目でホークスに指名され、ホークス入りしました。カープは投手を1位、2位指名したんですね。

 

広島育ちなので、カープファンだったそうです。今はホークスファンでしょうか。分かりません。

 

 

それで、柳田選手はホークスで大活躍。今回の日本シリーズでも特筆ものの活躍ですね。

 

広島県人としては、やはりうれしい。

 

頑張れ、柳田選手。

 

2018年オフのFAでカープ入りってことはないんでしょうか。

 

 

 

2017年11月5日追記

 

11月4日、日本シリーズ第6戦でホークスが勝利し、今年の日本シリーズ覇者はホークスとなりました。ベイスターズも大健闘でしたね。さて、柳田選手が優秀選手に選出されました。やりましたね。

 

 

 

 

author:eiko, category:-, 10:17
comments(0), trackbacks(0), -
11月は秋の行楽シーズンです。

こんにちは。

 

11月に入りました。

 

平和公園の木々が色づいて素敵です。宮島の紅葉はもう少しと言ったところです。

 

11月となると、秋の行楽シーズンなので、多くの人が観光地を訪れます。

 

この写真は10月30日(月)の宮島の様子です。何百人もの高校生が桟橋に到着しました。他にも多くの団体が到着。

 

10月の平日でこの状態ですので、11月の宮島の週末はどんなか想像できると思います。

 

 

宮島の紅葉は素敵です。

 

ロープウエイで弥山近くの獅子岩駅に行きたいと思いますよね。

 

その場合は、朝のうちにGOです。

 

午後になると1時間待ちとかになります。

 

混雑した中、ロープウエイを利用するよりは、紅葉谷をゆっくり散策する方が良いのではと思います。

 

それか、2時間かけて、徒歩で弥山に登る。その際は、十分準備してください。

 

体力のある人は、それは素晴らしい体験となります。

 

体力に疑問のある人は? お勧めしません。あはは。

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:24
comments(0), trackbacks(0), -
広島駅がさらに便利になりました

こんにちは。

 

30日には台風が通過するのでは、と予想されていましたが、台風は南に進路を変え、広島は台風の影響はありませんでした。

 

今日も秋晴れです。

 

 

 

さて、10月29日(日)の10時前、広島駅を歩いていたら、こんな看板に出合いました。

 

この日から、24時間、広島駅2階の「南北自由通路」が使用できるようになったそうです。

 

 

この日は広島駅に新たなショッピング街もオープンしました。「EKIE」(えきえ)という名前です。駅の中央に位置しています。

 

広島駅の南口の広島駅ビルには「ASSE」(アッセ)というショッピング街があります。

 

もう1つあります。

 

これまで北口は「新幹線口」と呼んでいたのですが、「南北自由通路」の開通に伴い、「南口」「北口」と呼称するようです。

 

その広島駅北口にあるのは「広島新幹線名店街」です。

 

3つのショッピング街が切磋琢磨する関係となるのですね。

 

華やかになりました。

 

 

ところで、この写真の中に「ペデストリアンデッキ」という文字が見えますね。

 

北口の2階の踊り場を「ペデストリアンデッキ」と呼ぶことに決めたようですが、なかなか覚えにくい。

 

英語で歩行者のことを pedestrian (ペデストリアン)と呼びますが、難しい単語です。

 

「歩行者デッキ」でいいのになあ。

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 09:55
comments(0), trackbacks(0), -