RSS | ATOM | SEARCH
広島駅がさらに便利になりました

こんにちは。

 

30日には台風が通過するのでは、と予想されていましたが、台風は南に進路を変え、広島は台風の影響はありませんでした。

 

今日も秋晴れです。

 

 

 

さて、10月29日(日)の10時前、広島駅を歩いていたら、こんな看板に出合いました。

 

この日から、24時間、広島駅2階の「南北自由通路」が使用できるようになったそうです。

 

 

この日は広島駅に新たなショッピング街もオープンしました。「EKIE」(えきえ)という名前です。駅の中央に位置しています。

 

広島駅の南口の広島駅ビルには「ASSE」(アッセ)というショッピング街があります。

 

もう1つあります。

 

これまで北口は「新幹線口」と呼んでいたのですが、「南北自由通路」の開通に伴い、「南口」「北口」と呼称するようです。

 

その広島駅北口にあるのは「広島新幹線名店街」です。

 

3つのショッピング街が切磋琢磨する関係となるのですね。

 

華やかになりました。

 

 

ところで、この写真の中に「ペデストリアンデッキ」という文字が見えますね。

 

北口の2階の踊り場を「ペデストリアンデッキ」と呼ぶことに決めたようですが、なかなか覚えにくい。

 

英語で歩行者のことを pedestrian (ペデストリアン)と呼びますが、難しい単語です。

 

「歩行者デッキ」でいいのになあ。

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 09:55
comments(0), trackbacks(0), -
今年もカープに感謝

こんにちは。

 

今朝は気持ちの良い秋晴れですね。

 

23日朝に台風が通過するまで、ずっと雨がちの天気だったので、特にうれしいです。

 

 

さて、昨日で2017年のカープのシーズンは終了しました。

 

セリーグ優勝を果たしたのですが、クライマックスシリーズのファイナルステージで、DeNAに敗れて、2年連続の日本シリーズ出場は逃しました。

 

残念。

 

でも、カープの皆さんには感謝の気持ちでいっぱい。

 

昨年、今年とどれだけカープの活躍に広島県人とカープファンはわくわくしたか。

 

 

ありがとうございます!

 

また、来年のシーズンが楽しみです。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 07:12
comments(0), trackbacks(0), -
道後温泉を歩きました

こんにちは。

 

先週、四国を歩きました。

 

このところ、どの観光地に行っても、新しい施設や仕組みが出来ていて、目が離せません。

 

道後温泉では、道後温泉別館「飛鳥乃湯」が9月末にオープンしました。

 

今回、夜に訪ねました。

 

気持ち良かったです。

 

道後温泉本館は人が多くて、入る気がしないという人に、こちらはお勧めです。

 

 

私が宿泊した宿は「道後 やや」というホテル。

 

ここは道後温泉というのに、大浴場がありません。それぞれの部屋に小さなシャワーがあるのみ。

 

それで、当然、こちらの宿は宿泊者に道後温泉本館や飛鳥乃湯への入浴を勧めています。

 

このホテルから飛鳥乃湯までは歩いて3分。便利なロケーションです。

 

 

さて、宿泊したホテルですが、こちらにまたぜひ宿泊したいと思いました。

 

お客の旅ごころをギュッとつかみ仕組みがたくさんあります。

 

 

愛媛県というと、「みかん」「今治タオル」「砥部焼」(とべやき)ですよね。

 

それが、すべて、取り入れてあるんです。

 

まず、入口にはミカンジュースの出る蛇口があります。愛媛県では蛇口からポンジュースが出るという都市伝説があるので、それを現実のものとしているんです。思わず笑っちゃいます。

 

この蛇口からミカンジュースが出てきます。楽しい。上に立っているのは愛媛県のキャラクター「みきゃん」です。

 

 

外湯に行く人のために、今治タオルバーがあります。好きなバスタオルを選んで、出かけます。

 

これも嬉しい。

 

 

そして、この宿の一番の売りは「朝食」です。

 

充実した朝食を売り物としている宿は多いのですが、こちらの朝食はさすがにすごかったです。

 

自家菜園で育ったという野菜が美味しい。その場で絞るミカンジュースが美味しい。オーダーバイキング形式の料理がおいしい。

 

器は砥部焼です。うれし涙。

 

 

 

それと、道後温泉でもう1つの新しいトレンドを紹介しますね。

 

「鯛めし」を看板メニューとするレストランがあちらこちらにありました。

 

愛媛県で「鯛めし」というと2種類あるんです。

 

松山の「鯛めし」は鯛をたきこんだ料理です。

 

もう1つは、宇和島の「鯛めし」。こちらは、鯛の刺身をだしに漬け込み、生卵と一緒に御飯にかける特徴ある料理です。

 

これまで、道後温泉では松山の「鯛めし」だけだったのですが、このところ、宇和島の「鯛めし」が人気となっているようです。

 

私は宇和島が大好きなので、とても嬉しいです。

 

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:51
comments(0), trackbacks(0), -
やっぱり祖谷は良い

こんにちは。

 

数年ぶりに徳島県の祖谷(いや)を訪れました。

 

やっぱり、祖谷はいい場所でした。圧倒的な景観。

 

ちょうど、雨上がりだったので、早朝の祖谷渓谷は霧が立ち込めてミステリアスな風情がありました。

 

 

「かづら橋」は一歩づつ、ゆっくりと歩いて行きます。

 

ちょっと怖いのですが、渡り終わった後の達成感が気持ち良い。

 

 

 

今回はじめて宿泊した「祖谷秘境の湯」は感じのよい宿でした。

 

大型ホテルです。海外の方に好まれる仕組みがしっかりとありました。

 

 

ロビーに「2016年 温泉総選挙 インバウンド部門 第2位」のポスターが貼ってありました。

http://www.uruoi-japan.jp/onsen/inbound/

 

調べてみると、「温泉総選挙」というのは「うるおい日本プロジェクト」という官民一体のプロジェクトの一環でした。

 

ちなみに、インバウンド部門の1番は「城崎温泉」、2番目が「大歩危祖谷温泉郷」、3番目が「湯田中渋温泉郷」でした。

 

納得です。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:34
comments(0), trackbacks(0), -
広島城の堀で和船遊覧船の運航が始まりました

こんにちは。

 

10月7日から広島城のお堀で和船遊覧船の運航が始まりました。

 

3月から11月は毎日運航。12月から2月は土日、祝日運航です。

 

1日18便。

 

大人1400円。子ども700円です。

 

遊覧時間は約30分。

 

 

 

松江城のお堀を遊覧船で巡る「堀川めぐり」が今年20年目を迎えます。こちらは、現在、松江で大人気のコンテンツとなっています。

 

こちらは約50分間。大人1230円。子ども610円。外国人は820円です。

 

私は以前、「堀川めぐり」について、松江市で調査するグループに加わったことがあります。その時、印象に残った話が二つあります。

 

1つは、「堀川めぐり」を開始するにあたって、松江市は松江城の堀川をしっかりと清掃した。それにより水質が大幅に改善した。

 

2つ目は、「堀川めぐり」を運営している「堀川遊覧船」は松江市の外郭団体で、退職した市民を船頭さんやその他スタッフとして多く雇用している。船頭さんの説明にはマニュアル部分もあるが、自由な語りができるようになっている。

 

10年前に堀川遊覧の職員からお話を聞いた際、私はその戦略性に感動しました。そして、実際、大人気のコンテンツとなっています。素晴らしい。

 

 

「堀川めぐり」の成功を受けて、他の地域でも、お堀や池を船に乗って眺めるプログラムが続々登場しています。

 

例えば、高松市では栗林公園もそうですし、同じ高松市の玉藻公園も堀を船で巡るプログラムが始まっています。倉敷も美観地区を流れる運河を小舟に乗船するプログラムがあります。

 

そして、今回、広島城のお堀でも始まったわけです。

 

 

一度、乗船してみたいと思います。

 

 

栗林公園の6つの池から小舟で公園が楽しめます。

 

私の大好きな玉藻公園の天守台です。こちらは海城なので、このお堀には鯛が泳いでいます。こちらも船体験が始まっています。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:09
comments(0), trackbacks(0), -
10月15日、宮島は「氏神祭」が行われていました

こんにちは。

 

10月15日、宮島では「氏神祭」(うじがみさい)が行われていました。

 

宮島の住民は皆さん、厳島神社の氏子(うじこ)なのだそうです。それで、この日、厳島神社にお祀リしている神様に日々の感謝をささげ、今後の繁栄を祈念するそうです。

 

10月14日はその前日ということで、餅つきが行われていました。

 

「宮島餅つき唄」のお囃子に合わせて、餅をつきます。

 

後半になると、勇壮な餅つきとなります。「宮島餅つき唄」を聞いていると、宮島には伝統が今も息づいていると感じます。

 

 

 

15日になると、「氏神祭」当日です。

 

この日にはお神輿が町中に繰り出します。幼稚園児が担いでいた子ども御輿もありました。

 

 

宮島の人の心意気を感じた2日間でした。

 

ちなみに、15日の夕方から「菊花祭」が厳島神社で行われました。舞楽が奉納されます。

 

 

宮島に宿泊を考えている人は、ぜひ4月15日「桃花祭」か10月15日「菊花祭」の時をお勧めします。幻想的です。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:20
comments(0), trackbacks(0), -
秋の直島も素敵です

こんにちは。

 

少し前の情報ですが、直島を訪ねた時の写真を紹介します。

 

秋の直島も魅力的です。

 

 

こちらの写真には高松港と直島の宮浦港を50分で結ぶフェリーが映っています。

 

草間弥生さんをリスペクトして、直島のフェリーも町営バスもドット(赤い丸)が使われています。

 

中央に見えるのは工業の島である象徴の三菱マテリアル直島工場の巨大な煙突です。銅・金・プラチナの精製をしているそうです。

 

 

 

この写真を撮った日は、雨の翌日だったので、空気が澄み切っていました。

 

それで、いつもならうっすらとしか見えない瀬戸大橋が間近に見えました。手前にあるのは通称「おにぎり島」。大槌島です。

 

 

 

こちらは直島アートサイトのシンボル「南瓜」です。草間弥生さんによる1994年の作品です。

 

 

「南瓜」のすぐ近くに「つつじ荘」という直島の町営施設があるのですが、そこから見える鳥居です。半分、砂に埋まっているようにとても背が低いんです。

 

 

広島で通訳ガイドをしていると、旅程の最後であることが多く、それまでに訪れた観光地のことがよく話題になります。

 

私の感触だと、「地獄谷野猿公苑」のスノー・モンキーと直島がとても人気という印象。

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:43
comments(0), trackbacks(0), -
名古屋で手羽先唐揚げが人気の秘密が分かりました

こんにちは。

 

私はずっと、「手羽先唐揚げというと名古屋名物」というのが疑問でした。

 

広島をはじめとする西日本の人間としては「手羽先を甘辛く揚げたものというと、大分・福岡でしょう」という感じがあるからです。

 

広島には「吉四六」(きっちょむ)という手羽先唐揚げの名店があります。私はここの甘辛い手羽先が大好き。

 

時々、無性に食べたくなります。テイクアウトもあるので、それを購入することが多い。

 

この「吉四六」は大分名物の居酒屋。他にも大分料理がたくさんあります。

 

それで、私にとっては「手羽先を甘辛く揚げたもの=大分県」です。

 

大分県というと「鳥のてんぷら」とか、鳥料理が強いですからね。

 

 

さて、数日前に「マツコの知らない世界」で手羽先唐揚げを取り上げていました。

 

そこで、名古屋には手羽先唐揚げの2強があり、1つは「世界の山ちゃん」。もう1つが「風来坊」というお店だと紹介していました。

 

そして、この「風来坊」の店主は福岡北九州出身。1966年に名古屋で手羽先唐揚げの店を開店。そこが評判となって、「名古屋というと手羽先唐揚げ」という状況となったようです。

 

納得しました。

 

 

「手羽先唐揚げ」食べたい。

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:56
comments(2), trackbacks(0), -
旧日銀広島支店で「ハワイ 日系人の歩み」写真展示会が開催されています

こんにちは。

 

先日、広島県立美術館地階で開催されている「広島から世界へ 移住の歴史と日系人の暮らし」展を紹介しました。

 

今年は、ハワイ州と広島県の友好提携20周年の年なので、他にも多くのイベントが開催されています。

 

その一つが、旧日本銀行広島支店で開催されている「ハワイ 日系人の歩み」写真展示会です。

 

昨日、歴史家の方からこの展示会のことを教えていただきました。

 

 

とても充実した写真展でした。

 

14日の5時に終了するので、残り僅かですが、時間のとれる方はぜひ。

 

 

旧日銀広島支店ロビーの空間に20枚くらい大型の写真パネルが展示してあります。その写真と文章が素晴らしい。日本語と英語で説明されています。この写真パネルを読むだけで、ハワイの日系人の歩みがしっかりと分かります。

 

 

 

 

また、同じ旧日銀広島支店の地階では「被爆70周年 広島平和記念資料館収蔵資料展」も開催されています。

 

こちらは来年の3月末まで開催されます。

 

展示の主催者は広島平和記念資料館の学芸課です。

 

被爆者から寄せられた原爆の絵、被爆資料、写真が展示してあります。

 

1936年に建設された旧日銀広島支店ビルは、爆心地から400メートル以内で被爆した被爆建物です。

 

この建物の内部に入るだけで感じるものがあります。

 

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:52
comments(0), trackbacks(0), -
10月1日、広島駅に総合案内所が開設されました

こんにちは。

 

10月1日、広島駅に「総合案内所」が開設されたので、紹介しますね。

 

場所は、広島駅の北口2階です。

 

以前は、広島駅は市内電車やバスの乗り場がある「南口」と新幹線に近い「新幹線口」と2つの入り口を呼んでいたのですが、今年の春に、「南北自由通路」が2階に作られたので、「南口」「北口」という名前に統一したようです。

 

この「南北自由通路」が作られるまでは、分かりにくい地下道しかなかったので、大きな進歩です。

 

拍手。

 

まだまだ、完成には時間がかかるようですが、広島駅は日々、進化しています。

 

この「総合案内所」開設もその一環ですね。

 

次回、広島駅に行く人はぜひ、この総合案内所もチェックしてくださいね。

 

 

さて、この場所のすぐ近くにカープのセリーグ連覇のポスターが掲示してあります。

 

こちらもお見逃しなく。

 

 

 

author:eiko, category:観光地の紹介, 05:45
comments(0), trackbacks(0), -